ツインエアエンジンに6速MTを採用!

FCAジャパンはコンパクトカーのパンダ4×4に、150台限定モデル「イタリアーナ」を設定し11月1日より販売している。ボディカラーにはイタリアを象徴する緑・白・赤のトリコローレ3色を用意している。

コンパクトカーとは思えぬ悪路走破性を持つパンダ4×4をベースに、外装は15インチ専用アルミホイールを装着。四駆らしさを感じさせる前後バンパーのアンダーガードが、アクティブな世界観を演出する。

内装は専用のファブリックシートを採用。外装に合わせたインテリアカラーは、トスカーナ・グリーンとアイス・ホワイトには、グレーのインストルメンタルパネル&ダークグレー/グリーンのシートを組み合わせる。もう一色のアモーレ・レッドには、レッド/グレーのシートが装備される。

パンダ4×4イタリアーノは直列2気筒ターボエンジン(ツインエア)に6速MTを組み合わせ、JC08モード燃費は15.5km/L。オフロード場面ではスイッチひとつで切り替えられる、ELD(電子式ディファレンシャルロック)を採用したことでタイヤの空転を抑え、雪道や泥道といった悪路で高い走破性能を発揮する。

150台3色の振り分けは緑が60台、白が60台、赤が30台となっている。価格は税込み255万9000円。