5日の記者会見でポーズを取るフロイド・メイウェザー(左)と那須川天心

写真拡大

 総合格闘技イベント「RIZIN」(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)で“キックボクシング界の神童”と呼ばれる那須川天心(20)と対戦することが発表されたボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41)=米国=が8日、自身のインスタグラムで「那須川との公式な対戦には決して合意していない」と主張した。RIZIN側は「事実関係を調査している」と話すにとどめている。

 世界を驚かせた規格外の夢対決は水泡に帰すのか。メイウェザーは那須川らとともに5日に日本で開かれた対戦発表会見に出席。だが、わずか3日後、米国に戻った途端にインスタグラムで「はっきりさせておきたいのは、那須川との公式な対戦には決して合意していないということだ」との声明を発表し、また世界を驚かせた。

 会見では「那須川は若い、強い、速い選手だ。対戦はどこで行うかにかかわらず真剣勝負」などと話していたが、この日は「日本に行くまで彼(那須川)の名前も知らなかった。3分3回のエキシビションをしてくれと頼まれただけだった」と違う認識を主張。その上で「公式戦と表現されるとは思っていなかった。会見場に到着すると話が変わっていた。すぐに止めるべきだった。間違えた情報を与えてファンに謝罪したい。私も不意打ちされた」と訴えた。

 双方の言い分は食い違う。RIZINの榊原信行実行委員長は、会見で試合が「スタンディング(立ち技)の異種格闘技戦」になると断言。相手側とのルール交渉も「している」と明かしていた。

 また、「アメリカで言うところの非公式な試合がエキシビション。今回、天心にKOされても、彼(メイウェザー)は1敗とは書かない。ボクシングの公式戦ではないということ」とエキシビションであることを否定していなかった。この日のRIZINは、関係者が「事実関係を調査している」と話すにとどめた。