<巨人・MLB選抜>松井コーチを笑顔で見つめる原監督(撮影・三島 英忠)

写真拡大

 ◇エキシビションゲーム 巨人6―9MLB選抜(2018年11月8日 東京D)

 巨人は8日、日米野球(9日開幕、東京ドームほか)で侍ジャパンと対戦するMLB選抜と東京ドームで行われたエキシビションゲームで対戦。相手の11安打を上回る12安打を放ったが、6―9で敗れて原辰徳監督(60)の復帰後初采配を勝利で飾ることはできなかった。

 巨人は先発マウンドに上がった2年目右腕・高田が3回で5三振を奪う力投を見せたが、初回に坂本勇のタイムリーエラーで2点先制を許すと、3回にはソトの天井直撃二塁打などもあって一挙5失点。3回で7点を追う展開となった。

 0―7で迎えた4回に先頭・小林の左翼線二塁打を足場に吉川尚の遊ゴロの間に1点を返し、4回には代打・松原のランニング3点本塁打で4―7と3点差まで追い上げた巨人だったが、結局序盤の7点ビハインドが響いて6―9で敗れた。

 投手陣は先発の高田が3回7安打7失点、2番手の大江が2回2安打1失点、3番手の桜井が2回2安打1失点、4番手の田口が1回無安打無失点、5番手の鍬原が1回を無安打無失点。松原は4回のランニング3点本塁打に続いて6回には内野安打を放ってから二盗にも成功するなど「足」を存分にアピールした。