初デートで彼に、相性良いと思われるには?

会話のテンポを合わせるのは基本中の基本ですが、「この子と話すと楽しいなあ」「ずっと前から親しかったような気がする」そんな風に思わせる会話は、実はテクニックで作れるんです!

同じものを頼む作戦は効く

「相手と同じしぐさをするような、『ミラーリング』って、実際にされるとわざとらしくて引くこともある。

でも、一緒にお酒を飲んでる時に、同じジャンルのものを頼んでくれるのはなんかいい。

『これおいしいね』と言い合うだけでもいいし、ワインや焼酎なら『何が好き?』って話をしても盛り上がる」(28歳・男性)

モテる男性が仕掛けてくることも多い『同じ飲み物を頼む』テクニック。お酒の席ではかなり有効です。

まだそれほど親しくない間柄なら、とりあえず目の前にあるものを共有して、そこから話を広げるのが効くんです。

まったく同じものを頼んでもいいし、違う銘柄のワインを「一口ちょうだい」と交換するのも楽しいものです。自然と親密な空気が漂うはず。

好きな食べ物の話

「食べ物の話は鉄板でしょう。『今度一緒に食べに行こう』と言えば、次のアポも取れるしね。

でも、グルメに詳しくても、何でもダメ出ししてくる子だと『うるさそうだな』と思ってしまうから、好き嫌いがなくて『あれ食べてみたい』ってポジティブな子がいいね」(27歳・男性)

次のデートの話にも結びつけやすい「食べ物の話」。

楽しそう、おいしそうとポジティブな姿勢を見せておけば、相性の良さを簡単に演出できる話題です。

そして、実際の相性をジャッジすることもできる一面も。「普段はコンビニ飯ばかりで、食にはあまり興味がない」「偏食が激しい」そんなこだわりがある場合は、最初のうちはあまり強く主張しないほうがいいでしょう。

同じような「食の偏り」を彼が強く主張してきた場合も、「付き合ったらうまくいくかな?」と考えてみては?

恋愛の話

「気になる子には、元カレってどんな人?とか、好きなタイプは?とか、なんかの形で恋愛の話を振ります。

恋愛観を知りたいし、ちょっとドキドキする効果もあると思うので。

そこで『そういう話はちょっと』って言われると、自分は恋愛対象じゃないのかな?と思います」(24歳・男性)

デートでほかの男の話なんて……。と思いきや、生々しすぎない恋バナは、恋愛モードに入る効果があるようです。

もちろん女子のほうから振ってもOKな話題です。

ただし、重いのと生々しいのはNG。「前の彼氏は殴る人で」とか「気が付くといつも不倫している」などのヘビーなネタは禁止です。

子供の頃の話

「子供のころ流行ってたものや、あるあるネタが同じだと急に打ち解けるよね。

『高校時代に読んでた漫画』『部活の合宿あるある』などですごく盛り上がって、昔から仲が良かったような気がしてくることも」(30歳・男性)

誰にでもほっこりした思い出がいくつかあり、共通点も見出しやすいのが学生の頃の話。

高校生くらいまでの話が適度に懐かしく、おススメです。「部活は何をしてた?」「得意科目は何だった?」など、彼の得意なことに絡めた話題なら、彼が楽しく話せることも多いでしょう。

「同じ学校だったら絶対その試合に応援に行ったのに!」など、架空の設定でよいのでアクションしておくと、彼の思い出の中に参加したかのような効果があります。年が離れていても使えるテクニックです。

意外と踏み込んでOKなんです

食の好みや恋の話、子供の頃の話など、ちょっと相手に踏み込んだ話題は、やっぱり仲良くなれるもの。

「そんなこと聞いていいの?」なんて遠慮しすぎず、話題に出してみると、急に距離が近づくかもしれません。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)