京都府警の“ある取り組み”がいま注目を集めている。

 違法駐車の違反金滞納者への対応として差し押さえを強化している京都府警。預金や生命保険、家電製品、貴金属に加えて、今年からフィギュアや漫画、DVDなどの趣味の品も対象品にした。差し押さえた物は「ヤフオク!」に出品されるが、実際に「エヴァンゲリオンのフィギュア」「ワンピースなどの人気漫画」「ウイニングイレブンなどのゲームソフト」「『君の名は。』などのDVD」など44点が押収・出品され、20万円あまりで落札された。

 はたして、この差し押さえに効果はあるのか。今年8月に「AKB48」のDVDや写真集を差し押さえられた40代の男性は「価値のあるものばかりなので持って行かれたら困る」と、約1週間後に滞納額約22万円を支払ったということだ。京都府警は「思い入れの強い品を差し押さえられると納付につながりやすい」としている。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎ AKB48大西桃香の写真集を5万部売る方法とは?