画像:橋本健公式サイト http://www.hashimoto-ken.com/

写真拡大

 10月29日、政務活動費を騙し取ったとして詐欺罪に問われていた元神戸市議・橋本健被告に、懲役1年6カ月、執行猶予4年の判決が言い渡された。当初詐欺罪を否定していた橋本被告だが、現在は素直に罪を認め、反省の弁を述べている。

 橋本被告といえば、元『SPEED』今井絵理子参院議員との不倫疑惑が週刊新潮で報じられ、現在は堂々と交際宣言を出していることでも知られているが、詐欺罪だけでなく不倫の代償を背負う日は来るのか。最近の傾向では、不倫をした著名人は糾弾され、働き口を失うケースも少なくない。だが、不倫をしても特に何の影響もなく働き続けられる人も多い。過去に不倫を報道されながらも、破滅せずに生き延びている男たちを紹介する。

◆山路徹は不倫のイメージで有名に!?

 ジャーナリストの山路徹は、タレントの大桃美代子と2003年に結婚。山路&大桃は2006年6月に離婚したが、この離婚から数年後に山路と、タレントの麻木久仁子がW不倫の関係にあったことが公となった。ちなみに不倫当時麻木は、作曲家の松本晃彦と結婚していたことも同時に報じられ話題に上った。

 山路&麻木のW不倫が発覚したのは、2011年に山路がミャンマー政府に拘束された事件がきっかけ。「ジャーナリスト山路徹(本名・松本徹)」と報道され、麻木が離婚後も本名として使用していた松本姓だったことから、元妻の大桃が2人の不倫を追及。麻木&山路の婚姻関係が露呈した。婿養子の形で名字を変えたのは潜入取材のためだったという。

 麻木は2006年3月の松本との離婚成立前から山路との交際が始まったと認めているが、山路との結婚時期については正確にはわかっていない。ちなみに、麻木&山路は2010年11月に離婚した。

 この他にも山路には大桃との結婚前に、一般女性との結婚歴があり子供がいるという話など、浮き名を流していたエピソードが色々出回っているが、本人が否定している話もあり、それらの真偽も不倫か浮気かの境目ももうよくわからない。

 今では『不倫ジゴロジャーナリスト』としてワイドショーやバラエティなどにも出演し、すっかり不倫ネタが認知された感のある山路徹。マイナスイメージが付きやすい不倫だが、飯のタネになる場合もあるということだ。
渡辺謙は活躍中

 最近では「字が小さくて読めなーい!」のセリフでお馴染みの渡辺謙。

 2005年に女優・南果歩と結婚した渡辺だが、2017年3月に発売された『週刊文春』に、年下一般女性との不倫が報じられた。不倫相手との親密な2ショットも掲載され、言い逃れができない状況に。

 結局、翌年に離婚を発表した。離婚後の渡辺だが、NHK大河ドラマ「西郷どん」に出演したりと、特に不倫のダメージは無かった模様。冒頭で紹介した『ハズキルーペ』のCMでは、これまでのイメージを覆すようなキャラクターをみせるなどし、引き続き活躍中である。

◆ファンキー加藤は無料ライブに精を出す

 2013年に解散した国民的人気グループ「ファンキーモンキーベイビーズ」の元リーダーでボーカルを担当していたファンキー加藤が、2016年6月に『週刊女性』に不倫をスクープされた。お笑いコンビ・アンタッチャブル柴田の元妻とのW不倫を認めて謝罪することになった。

 ファンキー加藤は元妻が妊娠中という状況の中で、友人関係であった「アンタッチャブル」の柴田英嗣の妻と関係を持ち、妊娠させてしまうという数ある不倫騒動の中でも異色タイプ。

 2013年にファンキー加藤は元マネージャーと結婚し、2015年には第一子男児が生まれている。柴田嫁とは2014年に飲み会で出会ったそうで、柴田夫妻にも2人の子供がいたが2015年5月にはこの不倫関係が原因となって離婚に至った。同年9月には柴田元嫁がファンキー加藤の子供を妊娠したことが発覚、その2ヶ月後の11月に、ファンキー加藤は奥さんに不倫を告白したという。2016年の謝罪会見の1週間ほど後には、不倫相手であった柴田元妻がファンキー加藤の子供を出産している。なんだこのドタバタ劇…。

 ファンキー加藤は2017年2月には第二子となる次男が誕生しており、すでに夫婦仲は完全に修復しているらしい。現在は全国各地での無料ライブツアーに精を出している。加藤の奥さんは、度量が大きいようだ。
◆斉藤由貴の不倫相手は医師活動継続

 2017年8月に、50代医師との不倫が報じられた女優・斉藤由貴。同年9月に発売された週刊誌「FLASH」では、キス写真、そして不倫相手の医師が女性もののパンツを被っているハレンチ写真が掲載され話題になった。

 信頼が第一の医師として、不倫報道とハレンチ写真の流出はどう影響したのか。斉藤の不倫相手と目される医師が経営する横浜市にある病院のホームページには、当の本人が院長として紹介されていた。顔写真まで付いている。ひょっとすると、報道当時は客足が鈍るなどの影響はあったのかもしれないが、現在も医師として活動を継続できているようだ。

  不倫はリスキーな行為だが、必ずしも破滅を迎えるというわけではないようだ。現在は詐欺罪で注目を浴びている橋本被告だが、今井議員との今後はどうなるのか……併せて注目したい。<取材・文/伊藤綾>