男キム・ヨナと称されるチャ・ジュンファンと羽生結弦(写真/アフロ)

写真拡大

 表彰台上の「王者」はカメラのフラッシュを浴びながら隣に並ぶ「若い彼」に優しく手を差し出した。彼はためらうような仕草を見せながら、それでも王者の隣に立った。兄弟のように親しくもあり、同時にライバルのようでもある不思議な距離。一体、2人の関係は──。

 11月4日(日本時間5日)に閉幕したフィギュアスケートGPシリーズ「フィンランド大会」。羽生結弦(23才)は4つの世界新記録を打ち出した。4回転トウループとトリプルアクセルのコンビネーションは世界初の快挙。ショートで106.69点、フリーでは憧れのエフゲニー・プルシェンコ(36才)がかつて演じた『ニジンスキーに捧ぐ』をオマージュした新プログラムで190.43点、総合得点は297.12点。結果的に、すべてが今季のルール改正後の世界最高得点だった。

「やっと新しいスタートを切れた」と語り、今季最高の点数を叩き出したフリーの演技終了後も淡々とインタビューに応じた。

 羽生が滑走する4番前、緊張した面持ちで滑り出した17才の少年がいた。どことなく羽生に雰囲気が似ている。BGMの『ロミオとジュリエット』に合わせた演技で、4回転トウループを成功。しかし、続いた4回転サルコウで転倒。その後のコンビネーションジャンプも回転不足だった。ファンが固唾をのんで見守った中、羽生もまた他の出場者の誰より、彼を気にかけていた。羽生が特別視するのは、韓国の男子フィギュアスケート選手、チャ・ジュンファン(17才)だ。

◆羽生より若く4回転を跳べた

 羽生とジュンファン──。2人には浅からぬ縁がある。出会いは3年前、羽生がオフシーズンを過ごすカナダ・トロントのスケート練習場「クリケットクラブ」だった。

「そこは羽生が2012年から指導を受けるブライアン・オーサー氏のチームの練習拠点。ジュンファンは“どうしてもオーサー氏に指導してもらいたい”と自ら志願。2015年3月、韓国からトロントへと渡りました」(フィギュア関係者)

 同じくオーサー氏の教え子で、韓国では「国民の妹」と愛されたキム・ヨナ(28才)の影響もあったが、羽生への憧れも強かった。

「髪形から仕草、昔のユヅを思い出すようだった」とカナダ・クリケットクラブのスタッフが言う。実力もそうだ。

「ジュンファンは子役俳優をしていた小学2年生の頃にスケート選手を演じ、その役作りのためレッスンを受けてから、スケートにハマった。成長は著しく、11才で5種類もの3回転ジャンプをマスター。4回転は羽生選手でも15才で初めて成功していますが、ジュンファンは14才で完璧に跳べていました。身長172cmの羽生に対し、ジュンファンはすでに177cmを超えています。体格も成熟し、表現力も将来性を感じます」(韓国のスポーツライター)

 トロントでの生活も瓜二つ。

「ジュンファンは1年のほとんどを、一緒に引っ越してきた母親と共にトロントで過ごしていて、それも羽生との共通点。また、スケート以外にあまり興味がなく、親しい友人も数えるほどで、“リンクを離れたら寝るだけ”というところも似ていますね」(前出・フィギュア関係者)

 ジュニアクラスでは表彰台の常連だったジュンファン。昨年シニアのGPシリーズにデビューすると、一気に注目を集めた。そのスター性から「男キム・ヨナ」といわれたジュンファンは、いつしかスケートファンから「韓国のユヅ」と呼ばれるようになった。

「人となれ合おうとせず、いつも一定の距離を置こうとするのが羽生。でもジュンファンだけは気になるのか、なぜか目をかけていました。羽生の演技を毎日間近で見ながら、時にはアドバイスを受ける。今では滑り方も羽生の影響を色濃く受けています」(前出・フィギュア関係者)

 昨年1月、オーサー氏は韓国メディアから「ジュンファンとキム・ヨナを比較してほしい」という質問を受けると、こう答えた。

「ジュンファンはヨナよりも羽生に似ていると思います。10代の頃の羽生を見ているようです。同じ年代の頃に、羽生がしていたスケートをしていると思う」

※女性セブン2018年11月22日号