アルコールについて覚えておきたい6つのこと

写真拡大

私たちは退社後のハッピーアワーにはビールを飲み、結婚式や記念日をシャンパンで祝い、ロマンチックなディナーではワインを楽しむ。大半の人たちは、責任ある態度を保ちながら、お酒を楽しんでいる。

飲酒は私たちの文化の一部をなすものだ。だが、アルコールは薬物でもある。危険な飲み方は身体的、医学的、感情的、そして社会的に、有害な結果をもたらす。アルコールについては、次の6つのことを改めて知っておく必要がある。

1. オピオイド鎮痛剤より危険

米国では毎日のように、オピオイド系鎮痛剤の依存症がまん延していることが報じられている。ヘロインなどを含むオピオイド系の薬物は、短期間で人の命を奪う可能性がある。だが、より多くの人の死因になっているのは、アルコールだ。

米疾病対策センター(CDC)によると、2006〜10年には年間およそ8万8000人が、アルコールの摂取が原因で死亡している。2010年にオピオイドが原因で亡くなった人は、約1万7000人だ(合成オピオイドのフェンタニルの使用者が増加したことにより、急増している)。また、世界全体では10秒に1人が、アルコールが原因で死亡している。

2. 経済に多大な損失

米国立アルコール乱用・依存症研究所(NIAAA)は2010年、アルコールの乱用によって米国が被る経済損失は、年間およそ2490億ドル(約28兆1960億円)に上ると報告している。損失額の75%は、ビンジ・ドリンキング(暴飲)に関連しているという。

3. 高校生の飲酒問題

危険を伴う青少年の行動についてCDCが行っている調査では、飲酒したことがある高校生の大半(57.8%)が、ビンジ・ドリンキングをしていることが分かっている。未成年者の飲酒が米国にもたらす経済損失は、2010年には約243億ドルに上った。

ただ、高校生の飲酒については好ましい変化もみられている。飲酒率を1991年と2015年で比較すると、50.8%から32.8%に大きく低下している。

4. 暴力の原因に

公衆衛生に関する年次報告書「Annual Review of Public Health」によると、18〜24歳の大学生およそ9万7000人が、飲酒を伴った性的暴力やデートレイプの被害を報告している。

また、NIAAAによれば、殺人事件の86%、性犯罪の60%、暴行事件の37%が、加害者が飲酒していたときに発生している。

5. 人体のあらゆる部分に影響

飲酒に関連のある疾病と聞いて、私たちがすぐに思い浮かべるのは肝硬変や肝不全だ。だが、アルコールは心筋症(心不全など)、脳損傷(記憶障害、意識消失、チアミン欠乏が誘発する精神神経症状)、気分障害、膵炎、性的不能、がん(乳がん、食道がん、肝臓がん、口腔がんなど)とも関連している。

6. アルコール使用障害は治療可能

物質使用障害の大半は(依存症の原因となっている物質にかかわらず)、適切な治療と回復に向けた支援を受けることで、問題の克服が可能だ。効果的な治療方法は人によって異なるため、あらゆるケースに適用可能な方法はないということになるが、主に以下の3つの方法に効果があるとされている。

・ 投薬治療─食品医薬品局(FDA)が承認したアルコール依存症の治療薬には、ナルトレキソン、アカンプロセート、ジスルフィラムなどがある
・ 行動療法─医療従事者の指導やカウンセリングを通じて、飲酒行動を改善することができる
・ 自助グループ─自助グループとカウンセリングが、回復への助けになる

ワインやウィスキー、ビールなどのアルコール飲料は、私たちの社会に欠かせないものとなっている。だが、同時にアルコールは、心的外傷から死に至るまで、私たちにさまざまな重大な害を及ぼす可能性がある。もしあなたが危険な飲酒をしているのなら、または知り合いにそうした人がいるのなら、ぜひ助けを求めてほしい。問題を抱えているのは、あなただけではない。