新垣結衣/撮影=龍田浩之

写真拡大

11月7日(水)に、新垣結衣と松田龍平のW主演作「獣になれない私たち」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第5話が放送され、晶(新垣)の心が崩壊寸前の中、オフィスで「幸せなら手をたたこう」の鼻歌を歌い続けながら淡々と仕事をこなしていくシーンが話題になった。

【写真を見る】「幸せなら手をたたこう」を脳内に響かせ、笑顔で仕事をこなす新垣結衣!この笑顔が怖い…!!

これには視聴者がSNSに感想を書きこみ、「鼻歌の演出、怖かったな。ドラマ史上に残る怖さ」「自分は幸せなんだって思いこもうとする晶さんの姿、辛い」「幸せなら手を叩こう(パンパンッ)が頭の中でエンドレスに流れる呪いにかかっている」と身震いした。

今作は、笑顔の裏で身も心もすり減らして生きている晶と、人当たりは良いが誰のことも信用していない恒星(松田)によるラブ“かもしれない”ストーリー。

第5話で晶は、恋人・京谷(田中圭)の家にウサギと一緒に住み続ける元彼女・朱里(黒木華)と対峙した。(以下、ネタバレが含まれます)

朱里は晶に「幸せでキラキラしてる人は違うね〜いつまでも無職で何にもしない私とは違うよね」「あなたが持ってるいろんなもの、あたし持ってない!あんたみたいな人、大っ嫌い」と感情をぶつけ涙を流す。自分の気持ちを抑えて生きてきた晶は、朱里と自分の違いを実感したのだった。

そこから晶は、何もかもが堂々巡りの状況に落ちていく。

晶が意を決して朱里のところへ行っても、相手に響かない。京谷が何を考えているのか分からない。職場では相変わらず、山のような仕事を振られる。

そんなどうしようもない環境の中で、晶の心は静かに壊れ始めていった。

プライベートが最悪の状況にあっても、容赦なく舞い込む仕事を前に、晶は童謡「幸せなら手をたたこう」のリズムで鼻歌をし始める。普段から仕事のできる晶だが、それ以上の働きで淡々とこなし、乾いた笑顔を浮かべながら、ただただ延々と鼻歌を奏でる。脳内では「幸せなら手をたたこう(パンパンッ)」と、暗闇の中で手を叩くイメージが再生され、打ち鳴らす手の大きな音で日常をかき消しているかのよう。

この不気味かつ、悲しくむなしい鼻歌のシーンに、多数の視聴者が引き込まれた。

「スタイリッシュなオフィスの絵面で、背景に延々と『幸せなら手をたたこう』の鼻歌が流れる演出、怖かったな。ドラマ史上に残る怖さ」「『幸せなら手をたたこう』頭から離れないーーー」「自分は幸せなんだって思いこもうとする晶さんの姿、辛い」「晶がゾーンに入ってしまった感じ、自分も張り付いた笑顔で淡々と長時間労働していたの思い出して、背筋が凍った」「エヴァの映画で観た『今日の日はさようなら』のような演出、好き。より辛さ増すやつね」と、SNSでは晶の心情を表現した演出への評価が集まった。

第5話のラストには、衝撃のシーンも。京谷に会いたくない晶が道の向こうからやってくる京谷を見て、とっさに恒星とキス! それを見てきびすを返す京谷の姿でエンディングとなった。

次回、11月14日(水)放送は第6話。晶と恒星の路上キスを目撃した呉羽(菊地凛子)と三郎(一ノ瀬ワタル)だったが、呉羽は2人のキスを見ても全く態度が変わらず上機嫌。今からみんなで夫の橘カイジの仕事関係の「パーティーに行こう!」と誘う。一方、朱里にマンションをあげると約束して家を出てきた京谷は、晶に告げられないまま過ごす。(ザテレビジョン)