よゐこ濱口「めちゃイケで最大のタブー犯した」

写真拡大

お笑いコンビ・よゐこが、11月6日に放送されたバラエティ番組「ジンギス談!」(HBC北海道放送)に出演。今年3月に終了したバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の裏話を語った。

この日、MCのタカアンドトシが、「めちゃイケ」の時はよゐこもいつもとは違っていた、ピリッとしていて、話もろくにしてくれなかったと語ると、よゐこ・濱口優が「若手の頃から出てたから、修行の場だったんですよ。共演者同士が楽屋で話したりしているとめっちゃ怒られてた。面白い話なら本番でするもんだろ、と」とコメント。

本番前の楽屋あいさつもNGで、たまに出会ったりすると気まずかったという。その後、明石家さんまから「リハーサルはスタッフさんのため、本番はお茶の間のため」と、そのやり方は違うと教えられたが、結局、最後までめちゃイケの現場はピリッとしたままだったそうだ。

また、コント番組であったため、全てが台本通りであり、誰かが台本にないことをしてスベっても誰も助けることはなかったそう。ナインティナイン・岡村隆史は常に台本を全部覚えており、27時間テレビでは10センチ以上にもなる台本を全部頭に入れていたという。

最後に、めちゃイケメンバー内の“亀裂”の話となり、有野晋哉が、初期に極楽とんぼ・加藤浩次が「自分もオチをやりたい」と言い出すことはあったが、いつの間にか岡村を神輿として皆で担ごうという雰囲気になったと発言。そして濱口は「一番亀裂を生じさせたのはたぶん俺やと思う。私がメンバー内の女の子と恋愛をしたので…最大のタブーを犯してしまった」と告白した。