初監督に挑戦した俳優・内谷正文

写真拡大

 テレビ、映画、舞台などで活躍する俳優・内谷正文(48)が初監督した映画「まっ白の闇」が新宿K’sシネマで始まった(9日まで)。

「ミニにタコ」真相語った 田代まさしの暴露に芸能界恐々

 自らの体験をもとに薬物依存の怖さと自立への道を描いた作品で、薬物依存の兄の影響で興味半分から大麻に手を出し、覚醒剤中毒へと転落していく弟と家族の地獄のような日々が赤裸々に描かれている。

「映画に出てくる兄弟は実際の私と弟が投影されています。私は高校生の頃に暴走族をつくり、裏ルートから入手した大麻を吸ったり、暴力団との抗争で新聞ダネになるような絵に描いたようなワル。33歳で断ち切るまで薬物に依存していたのも事実です。そんな私の影響で3歳下の弟が27歳で重度の薬物依存症になったのはショックでした。それがきっかけで、自分が依存症から立ち直ったのは皮肉でしたね」

 内谷監督は神奈川出身。22歳で文学座研修所に入り俳優修業。同期に内野聖陽、寺島しのぶがいる。

 2005年から薬物依存症をテーマにした一人体験劇「ADDICTION 今日一日を生きる君」に取り組み、これまで小学校から大学まで学校公演を中心に220回以上上演してきた。

 映画では薬物依存症で妄想に怯える弟の姿がリアルに迫ってくる。

「弟は今は更生し、結婚して子どももいます。彼が更生できた茨城ダルク(社会復帰を目指すための民間のリハビリ施設)のことも知ってほしいんです。実際に更生できるのは100人に1人といわれ、弟のケースは奇跡のようなものです」

 劇中で村田雄浩が演じる茨城ダルクの岩井喜代仁代表は元ヤクザの薬物患者。国や行政とは一線を画した独自の支援活動を行っている。

「正直言って私も元の依存に引き戻される不安はあります。でも、そのブレーキとなっているのが一人体験劇であり、映画なんです。この作品が苦しんでいる人の社会復帰の一助になればいいと思っています」
(演劇ジャーナリスト・山田勝仁)

■11月10〜16日は吉祥寺ココマルシアター。16、17日にはニューヨークで開催される「Nippon America Discovery Film Festival」で上映。