結婚後初の著書で交際0日婚の秘話を明かす麻耶さん。婚活する人々の励みになりそうだ

写真拡大

 8月に芸能界を引退した元フリーアナウンサー、小林麻耶さん(39)が今月11日発売の著書「しなくていいがまん」(サンマーク出版、1512円)で、7月に結婚した4歳下の夫との交際秘話を明かしていることが6日、分かった。夫とは交際0日で、タクシーの中で突然プロポーズされて結婚を決めたという。また、昨年6月に死去した最愛の妹で元フリーアナの小林麻央さん(享年34)との秘話もつづっている。

 麻耶さんは8月28日のブログで「この本を読んだ方が生きるのが楽になるといいなと、願いながら書きました」と告白しており、生きることに悩む若い世代に向け“自分の気持ちに正直に生きる”メッセージをつづっている。自分の心を押しつぶす“しなくていいがまん”を一日も早くやめるため、「みんなに好かれたい」「みんなに喜ばれる結婚」をやめるなど心の持ち様を具体的に提言。また、何をするにも最愛の妹、麻央さんを優先し続けた日々や、社会人になってから姉妹そろってストーカーに狙われたことも告白している。