メキシコ2部のイラプアトでプレーした福田健二が、スペイン2部リーグのカステジョンに移籍することが明らかになった。契約期間は半年間で、1年間の延長オプション付き。

 カステジョンのペペ・モレ監督は、「福田には以前から注目していた。ビデオで彼のプレーを直接見た後、パラグアイにいる知人から彼の評価を聞き、私のイメージ通りの選手だと確信した。彼には中南米でプレーしていた経験もあるし、スペイン語もパーフェクトなので仲間とのコミュニケーションの上でも問題はない。彼の力を一番高く評価しているのはこの私だ。福田にはとても期待している」とコメントした。

 また、福田本人は「ゴールと勝利で期待に応えたい。チームは厳しい状況(スペイン2部リーグで最下位)にあるが、残留できると信じている。できるだけ早くこのチームのシステムとプレーに適応したい」と抱負を語った。

 福田の正式入団会見は15日に行われる予定となっている。