筆者が接種した風疹・麻疹の混合ワクチン。8640円(税込)

写真拡大

 国立感染症研究所の発表によれば、2018年に入ってからの感染者数が1486人にのぼり、すでに2017年の15倍以上になっている。10月21日までの1週間で風疹に感染した人は、首都圏を中心に174人。

 感染者が多いのは30〜50歳、とりわけ男性が多い。風疹はくしゃみや咳などのしぶきでうつる。感染力はインフルエンザの比ではないほど強い。風疹はウイルス性で潜伏期間は2〜3週間。発熱や発疹、リンパ節の腫れが主な症状として出る。

◆抗体のない30〜50歳の世代に、一気に感染が広がる危険

 なぜ30〜50歳の男性が多いのか。世田谷区で小児科・内科・呼吸器内科を専門として風疹患者も扱う開業医の院長が語る。

「30〜50歳は風疹ワクチンを打っていない可能性がある。実をいうと、これらの世代の前に風疹を含む混合ワクチンで副作用のようなものが出て、忌避されてしまったのです。

 まずは、母子手帳を見る必要があります。この世代はワクチンを打っていないか、打っていたとしても1回しか打っていない。風疹にかからないためには、複数回打つ必要があります。30〜50歳は風疹の抗体を持っていないか、持っていたとしても、ワクチンの効果がたいへんに弱まっている可能性が高い。

 風疹のみの単独ワクチンは希少なため、風疹と麻疹(はしか)の混合ワクチンの接種を勧めます。ワクチン接種は税込みで8640円です。

 アメリカで、キリスト教の一派アーミッシュの村で麻疹が大流行したことかあります。アメリカではほぼ根絶されているのに、アーミッシュは“反ワクチン”の思想のもとあらゆるワクチンを打たないために、麻疹に抗体がない。

 だから1人がかかると、まわりの人々も次々とかかって大流行する。日本も風疹の抗体がない人が多いので、1人が感染すると次から次へと拡散していってしまう可能性がある。

 だからワクチンを接種して、流行を止める必要があるのです。とりわけ注意すべきは妊婦です。妊婦が感染すると『先天性風疹症候群』という障害を持った子が生まれる可能性が高まります。妊婦さんの周りにいるご家族は、まず第一にワクチンを接種すべきです」

◆アメリカではエボラ出血熱と同じ警告レベル、深刻なワクチン不足

 米CDC(疾病対策センター)は日本の風疹流行を「レベル2」にランクづけした。3段階の警告レベルのうち、2番目の重要度のもので、これはエボラ出血熱と同じ警告レベルだという。「予防接種や過去の感染歴がない妊婦は日本に渡航しないよう」という自粛勧告まで出している。日本では危機意識があまり高くないが、米国政府はかなり深刻な状況とみているようだ。

 これらの事態を受けて、東京都は10月26日に、いままで妊娠を希望する19歳以上の女性に限定していた抗体検査や予防接種への補助を、妊婦や妊娠を希望する女性の同居者にも広げると発表した。

 ただ、都道府県や厚生労働省はワクチン接種を勧めているが、肝心のワクチン自体が深刻な品不足になっている。北海道在住の20代男性は病院にワクチン接種をしに行ったら、「混合ワクチンが不足していてありません。いつ入荷する見込みかも分からない」と言われたという。

 北海道だけではない。感染者の多い東京の医療機関でも、ワクチン不足が深刻化している。東京都がワクチン接種を勧めてきたのに、肝心のワクチンが品薄なのだ。「しばらく接種を見合わせる」という医療機関が続出している。これでは、感染拡大が止められない。

 東京都の対応は後手後手に回っている。ある医療関係者は「まずはメーカーにワクチンの増産を指導すべきだったのではないか。ワクチン増産なしに接種だけ推奨すれば、品薄になるのはわかりきったことではないか」との恨み節が聞こえてくる。

 国や都の無策に業を煮やした医療機関にはMMR(麻疹、おたふくかぜ、風疹)ワクチンを輸入して希望者に接種する医療機関も出てきた。

 筆者は10月26日に風疹・麻疹の混合ワクチンを接種した。税込み8640円。アメリカ政府が妊婦の日本渡航自粛を呼びかける深刻な事態なので、早期にワクチンを接種することが肝要だ。

<取材・文/及川健二(日仏共同テレビ局France10日本支局員)>