IKKO

写真拡大

 美容家でタレントのIKKO(56)が、17年交際したパートナーとの破局理由が自身のヌード披露にあったことを明かした。

 4日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演し、過去の恋愛事情を語ったIKKO。「一番恋をしていたのは30歳から47歳まで。17年間同じ人と付き合っていた」といい、さらに「私が調子に乗っていたんだと思うんだけど」と破局理由について語り始めた。

 当時はやせていたこともあり「ファッション誌だったら、きれいなうちに全部脱いでもいいのでは」と考え、女性誌でヌードを披露したという。しかし、パートナーから「どうして人前でそういうことをするのか」と不満を口にされ「ウザったい。私にストップモーションかけないでくれる」と反発してしまったという。

 その一件から相手が急に優しくなったというが、「理解してくれていたのかなと思ったら、大間違い。ラッキーって思っていたのに、その半年後にお別れになった」。1年後にも恋の予感がありながら成就しなかったといい、この時は「デートの最中に寝ちゃったりして。食べながら寝たり、車の中で寝たり…」と明かして、豪快に笑い飛ばした。