ミス・ユニバース日本代表の娘・桃子さんとともに首相に挨拶した阿部祐二氏(2018年1月・時事通信フォト)

写真拡大

 2018年10月の月間全日視聴率(関東世帯、6時〜24時)でテレビ朝日が単独トップとなった。これにより、日本テレビが2013年12月以来続けてきた、全日帯、ゴールデン帯(19〜22時)、プライム帯(19〜23時)のすべてでの視聴率トップを意味する「三冠王」の記録が途切れた。三冠王が途切れたことに「やっぱり来たか」という本音を漏らす日テレ関係者は少なくない。

「今年の春くらいから、そろそろヤバいかもしれないという雰囲気はありました」と話すのは、同局関係者だ。

「好調だった『ZIP!』と『スッキリ』ですが、世間の話題の中心が台風や地震、大きな事件や事故などニュース寄りになると、他局に視聴率で負ける傾向は以前からありました。それが、日本大学アメフト部の反則タックル問題と、それに続くパワハラ問題が大きな関心を集めたころから、視聴者はそのときだけ他局の番組を見るという一時的な傾向ではなく、最初からよそを見るようになってしまった」

『ZIP!』は2011年、『スッキリ』は2006年から放送されている朝の情報番組だ。それぞれ同時間帯で視聴率1位にいた時期もあったが、現在は『グッドモーニング』(テレビ朝日系列)や『めざましテレビ』(フジテレビ系列)、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系列)や『とくダネ!』(フジテレビ系列)に次ぐ3位の位置が定着しつつある。1位や2位との違いとして、関係者の間でも指摘されていたのが、「ニュースに弱い」ことだ。

「『ZIP!』や『スッキリ』の場合、芸能ニュースや身近なネタを丁寧に伝えるのは得意だけれど、何か事件や事故、天災が発生したとき、とたんに内容が薄くなる。人員の問題もあって、発生からすぐ番組独自の取材に取りかかりづらいから、放送ではニュース番組用に編集された素材を流して当たり障りのないコメントをスタジオで加えるだけになることも少なくない。積極的に現地取材へ行って独自の特集を組む他局と比べると物足りないから、なんとなく新情報が欲しくてザッピングしている視聴者が離れてしまう」(前出の関係者)

 かつては、事件や事故などのニュース取材のために、日本テレビでもワイドショー独自の取材チームを複数つくっていた。しかし現在では、事実上、阿部祐二レポーターのチームだけが対応できる状態だそうだ。人員不足が原因であることは承知しているが、いきなり人を増やすこともできない。代わりに試みているのは、部局の壁を超えた連携だ。

 たとえば、アマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟に対し、役員や元選手ら333人が告発したことで注目を集めていた山根明会長(当時)。コメントを求めて殺到する報道陣に対し、一言も話さない態度を貫いていたが、8月3日の『スッキリ』に生出演し、日本中を驚かせた。このとき、山根氏が生放送でのインタビュー取材に応じたのは、日テレの情報番組ではなく、報道局記者からの交渉によるものだったという。

「番組だからとか、報道だからとか、遠慮したり垣根をつくっている場合じゃない。お互いにやれることは何でもやらないと」(同局番組制作スタッフ)

 10月の月間三冠王からは陥落したものの、ゴールデン帯はテレ朝と同率の11.7%、プライム帯は単独トップの11.4%を記録したので、二冠王は続いている。ここから再び巻き返して日テレが三冠王に返り咲くのか、ドラマも好調なテレ朝が快進撃を続けるのか。今後もしばらくは、つばぜり合いが続きそうだ。