らりるRIE(C)ノーリーズン

写真拡大

 滝沢カレンのソックリさんとして注目の、らりるRIEさん(34)。顔マネを始める前は俳優の年上男性のために、山梨でバイトと節約と質屋通いの極貧暮らしで……。

Rー1優勝アキラ100%を支えた看護師の妻の愛と手料理

  ◇  ◇  ◇

 両親は歯科医師として熊本で開業医、兄も歯科医師として大学病院に勤務していて、私は熊本から上京して大学を出るまでは何不自由ない生活でした。でも、卒業後、突然貧乏に! 

 まずアルバイトしながら女優業を始めたのですが、23歳の時に10歳上の舞台俳優と付き合い始めて。その人はアルバイトはやってなくて無収入。私はその人に惚れ込んでしまって女優を辞めて彼の俳優活動を支えようと決めたんです。

「俳優として磨きをかけるために、山梨から俳優の仕事に通うのがベストだ」というので、私は何も疑わず、その人の地元の山梨へ一緒に引っ越しました。親は反対したけど、若かったし、周りが見えなくなり、親と縁を切ってしまった。

 部屋は2DKくらいで家賃は5万円。私は時給1000円くらいのお菓子工場で働き、家賃や生活費を全部出してた。料理はパスタに缶詰をあえて作ったり、豆とかの冷凍野菜をうまく活用してました。

 彼が「仕事で10万円いる」「2万円いる」と言うと、何も疑わず渡してました。貯金がどんどんなくなって底をつき、給料日まで数百円しかなくて、光熱費を払えない時も。彼の犬を飼ってたので、電気が止まると寒い日は犬を抱きしめたり。水道まで止まっちゃって、水も飲めない。山梨は雪が降るので、雪をなめてましたよ。お米だけ確保できた時は近所の定食屋の換気扇から出てくる匂いをおかずにおにぎりを食べたり。

■おばあちゃんからもらった大切なものを質屋に

 それでもお金が足りないとアクセサリーやバッグや時計やギターを質屋に入れて、おばあちゃんからもらった大切なものは質屋預かりで一時的にお金に換えて、返金して取り戻していました。 

 彼は質屋通いを知ると優しくて、アフターケアがいい。だから私も「応援するから」と彼を信じていた。でも、仕事で必要だと私から借りてたお金のことは、いま思うとおかしい(笑い)。他にも「俳優の○○と知り合いだ」とか「映画監督の××とつながってる」と言ってたのも疑問。実は彼の仕事ぶりを見たこともなかったんですよ!

「オーディションに行ったけどダメだった」とか聞くだけで。でも、好きだし、彼に夢中だったから、彼の言うことをずっと信じてました。

 山梨での貧乏生活は5年くらい続いたと思います。「このままじゃいけない!」と、30歳で思い切って別れました。

 その後は八王子に越して、友達とルームシェア。女優をやってた時期もあるけど、歌も好きだから歌マネやモノマネをやろうと考え、人気タレントに似せたメークをした写真を今の事務所に送り、所属させてもらった。

 バイトしながらモノマネ番組のオーディションを受けても、去年の夏に「ものまね紅白」に滝沢カレンさんの顔ソックリで一度出られただけで、合格しないことが多くて……。

 売れないことに悩み、「辞めようかな……」と思った今年の1月、坂上忍さんのマネで私と“坂上カレン”ってモノマネユニットを組む、芸人のかずみんさんが「滝沢カレンさんに似てるんだから真剣にやらなきゃもったいないよ!」と活を入れてくれて、髪をバッサリ切ってまったく同じ髪形にして、メークも徹底して似せてみたんです。それから一気に番組出演が増えた!

「私、これで売れる!」と思ってバイトを辞めたら、そう簡単にいかず、結局、今はまたバイトしてます(笑い)。

 かずみんさんと出会ってなかったら、モノマネは辞めていたと思います。今は芸人の仕事が楽しい。両親は応援してくれるし、山梨のころは親不孝してたので、売れて親孝行したい。らりるRIEと坂上カレンをよろしくです!
(聞き手=松野大介)

▽本名・緒方里恵。1984年、熊本県出身。モノマネ芸人として今年、滝沢カレンのモノマネで話題に。11月23日、坂上カレン初主催ライブ「現地集合現地解散」、新宿バッシュ、開場19時、開演19時30分、料金1500円。