橋本環奈

写真拡大

 女優の橋本環奈(19)が3日に出演予定だった立教大学(東京都豊島区)の学園祭イベントが、観客が殺到したため中止になった。安全確保が難しく、警察の指導が入ったと立教大学放送研究会が発表。橋本も自身のツイッターで「心より残念に思います」と心境を明かした。

 立教大学放送研究会の公式ツイッターは午後2時18分に「屋外特設ステージ中止のお詫び」と題し、観客が殺到したため「本日開催予定の屋外特設ステージが安全にご覧いただけない状況が発生したことにより、警察の指導が入り、ステージを中止せざるを得ない状況となりました」と報告。

 「こちらの対応が間に合わず、大変申し訳ございません。ステージを楽しみに足を運んでくださった皆様にはご迷惑、ご心配をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 この日午後2時15分開演予定。入場はこの日午後1時15分からの先着順(整列順、整理券配布、観覧無料)で、放送研究会学園祭公式サイトの問い合わせ欄には「観覧可能人数はお答えすることができません」などと記載。観覧希望者が殺到した。

 放送研究会は整列開始前に「整列開始時刻は【13:15】です。それ以前に並ぶことは絶対にできませんので、定刻になるまで、もうしばらくお待ちください」「以前からお知らせしてる通り、本ステージには入場制限がございます。整列場所にお並びいただいたすべてのお客様が入場できるというわけではございませんので、予めご了承ください。それでは整列開始まで今しばらくお待ちください」と注意喚起していた。

 橋本は前日2日に「明日、立教大学の学園祭に出演させていただきます!私、学園祭等に行くの初めてなんですよー!だから、すっごく楽しみにしてます。ぜひ皆さんも遊びに来てください」と呼び掛けていた。

 この日午後3時10分すぎには「私もこの日のために準備をして参りましたので、何とか実施の運びとなることを願っておりましたし、今日のステージを楽しみにして会場に足をお運びいただいた皆様とお会いできなかったことを心より残念に思います。この後の学園祭が滞りなく無事進行してゆきますことを願っております」と心境を明かした。