小顔のカギは眉にあり。印象を変える眉メイク

写真拡大 (全4枚)

女性の永遠の憧れである小顔ですが、骨格を変えるのは難しいもの。でもメイクを使った錯覚を利用すれば、顔を小さく見せることは可能です。
今回は顔の印象が変わる眉メイクをコスメコンシェルジュである筆者がご紹介します。

眉頭は目頭よりもやや内側に

顔の印象を大きく左右するのは、鼻から眉の距離。この距離が近いほど顔が引き締まって見えるため、眉を描くときは鼻筋と近づけるように意識するのがポイントです。

だからといって、鼻筋から出すように描くとわざとらしい印象に。目頭よりもやや内側から描きはじめると、自然に引き締まった印象になりますよ。

画像の上部は目頭より内側から、下部は外側から描いています。上部のほうが凛々しく見え、引き締まった印象になっていますね。

「眉頭は薄く、眉尻は濃く」輪郭を引き締め

輪郭周辺に影ができると、顔が小さく見えるもの。フェイスラインにシェーディングを入れるのも、輪郭に影を与えるためです。これと同じ発想で、眉にも輪郭に近い部分に濃い色を使うと、輪郭が引き締まって見えます。

眉頭は薄い色のパウダーアイブロウでソフトな印象に。眉尻は濃い色のパウダーアイシャドウやペンシルアイブロウでしっかりと描き、眉頭から眉尻にかけて濃くなるようにグラデーションをつくります。これだけで小顔効果と垢抜け感が生まれますよ。

画像上部は眉頭側が薄く、眉尻側が濃いグラデーションに。下部は眉頭側が濃く、眉尻側が薄いグラデーションにしてみました。上部は内側に薄い色を使ったことで表情がやわらかくなりつつ、輪郭部分はキュッと締まったように感じます。

長めの眉で余白を減らす

小顔効果をさらに高めたいときは、眉毛を少し長めに描いてみましょう。眉毛が長くなるほど輪郭の余白部分が減って見えるので、顔が引き締まった印象になります。

画像上部は眉を長く描き、下部は短めに仕上げてみました。上部は余白部分が減り、表情まで華やかに見えますね。


眉は1本、1mm変えるだけで印象が変わるパーツです。小顔に見せる眉メイクを、普段のメイクに生かしてみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール

美容ライター・古賀令奈

ライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容をはじめヘルスケア、ライフスタイル、ビジネス、医療などの記事を大手企業のオウンドメディアにて多数執筆。コスメへの情熱は人一倍! みなさまにワクワクをお届けします。

【保有資格】

日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュ

【あわせて読みたい】
▽眉メイクに関する記事をもっと見る
黒髪の“眉”を極める。垢抜けアイブロウ #プレミアムコスメ
・まろ眉を阻止!汗・水に強いアイブロウ&眉ティント3選
・マロ眉に要注意! 1日中キレイな眉毛をキープする方法
・黄金比を知って垢抜け眉に! 基本の眉メイクのやり方

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
・斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
・メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
・美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選