宝くじ、まだ窓口で買うの? ネットで買うほうが便利でお得! 宝くじをネット購入してみた

写真拡大 (全4枚)

庶民の夢といえば「宝くじ」だ。当たらないとは思いながらも、つい買ってしまう。

「宝くじ」なんて当たらないから、買わない。
しかし、「宝くじ」は、買わなければ、決して当たらない。

そんなジレンマが生まれる現在の「宝くじ」は、
・ジャンボ宝くじ
・ナンバーズ
・ロト
など、実にさまざまな種類がある。
どの「宝くじ」を買うかも悩ましい。
また、売り場まで買いに行くのも、当せんの確認も面倒だったりする。

もし「宝くじ」が、ネットで購入し、当せんの確認、当せん金の受け取りもできたら、どうだろうか?

これまでも「ナンバーズ」と「ロト」はインターネットでも購入できたが、
組・番号が決められた年末ジャンボなどの普通の宝くじ(開封式宝くじ)もネット購入が可能となったのだ。

というわけで、さっそく庶民の夢にチャレンジしてみた。


●まずは「宝くじ」公式サイトで会員登録だ
初めてネット購入する場合は、まず会員登録だ。
支払いに利用する
・クレジットカード
・当せん金の受け取り口座
これらを登録する。

1 メールアドレスを入力し、会員規約を確認する
2 氏名やパスワード、住所など、会員情報を登録する
3 クレジットカード情報を登録する
4 当せん金受け取りの口座を登録する
以上4ステップで完了だ。

スムーズに済むと思ったのだが、クレジットの登録に少々手間取ってしまった。
というのも、登録で利用できるのは本人認証サービス(3Dセキュア)に対応したクレジットカードだからだ。

最初に登録しようとしたJCBカードは、3Dセキュア非対応だったので登録できなかったのだ。
そこで次に登録しようとしたMasterカードは、非対応のカード会社のため、これも登録できなかった。
3枚目のカードでやっと登録できた。
ところが、最近使っていなかったため、認証サービスのログインパスワードを失念。
再発行の手続きをするはめに……。

そんなこんなで、ようやく登録が完了した。
当然、3Dセキュア対応のクレジットカードであれば、簡単に登録できる。





●さっそく購入だ!……まさかの「完売御礼」
さて、これでいざ購入だ。
宝くじ公式サイトで、購入ページにすすむ。
購入ページでは、現在発売されている宝くじ、予約購入できる宝くじが一覧表示される。

10月24日に発売開始となった「秋のビッグチャンスくじ」
これを購入しよう……と思ったのだが、
まさかの「完売御礼」の文字がドーンと。
「レインボーくじ」も同様だった。

そこでコールセンターに問い合わせてみた。
好評につき一度完売となり、追加販売を開始した。ところが、それも完売となったとのこと。

宝くじ売り場には、まだ在庫があり買えるが、ネット販売分は、すでに完売となったそう。

そこで、11月21日から発売開始される年末ジャンボを「予約購入」することにした。

「予約購入」、これはネットならではの機能だろう。
予約なら、完売する心配はないし、売り場に買いに行けなかったり、買い忘れたりすることもない。
便利だ。

ジャンボ宝くじ画面に進む。
「通常購入」
「継続購入」
2つのタブがある。

「通常購入」は、
通常の買い方で1回限りのもの。

「継続購入」は、
毎回、ジャンボ宝くじを決まった買い方で購入できる。
たとえば、
「いつも連番で50枚、バラで50枚買う」
と決めているのなら、それを登録しておけば、発売開始日に自動的に購入されるのだ。
常に買う人なら、これを利用すれば、買い忘れは完全に防げる。

今回は、とりあえず
「年末ジャンボ宝くじ」
「年末ジャンボミニ」
「年末ジャンボプチ1000万」
これを買ってみることにした。

・バラ購入
・連番購入
・10枚セット
・1枚単位
など、選択も分かりやすい画面なので、サクサクと予約購入できた。




「宝くじ」のネット購入では、会員登録すると「マイページ」を持つことができる。
「マイページ」では、
・購入履歴
・キャンペーン情報
・抽選待ちの宝くじの枚数
これらを確認することができる。





●「宝くじ」のネット購入は、なにが便利なのか
宝くじをネットで購入では、さまざまなメリットがある。

メリット
・わざわざ宝くじ売り場に買いに行かなくてよい
・いつでも買える
・抽せん結果を「マイページ」で確認できる
・「予約購入」や「継続購入」で買い忘れがなくなる
・当せん金は自動的に登録した口座に振り込まれる
・高額当せんの場合でも、運転免許証や印鑑を持って銀行窓口に行く必要はなく、口座に振り込まれる
・100円購入ごとに宝くじポイントを1ポイント獲得でき、宝くじ購入に利用できる
・キャンペーンに応募して宝くじポイントを獲得できる

これなら、
「宝くじを紛失してしまった」
「気づいたときには当せん金の支払い期間が過ぎていた」
などといった、”当せん金のもらい逃し”という悲しい事態を防げる。

さらに、ハズレ券を対象とした
・「宝くじの日 お楽しみ抽せん」の対象になる

これは、かなり見逃しがちなので、地味かもしれないが意外と嬉しいメリットだろう。
また、今なら、公式サイトリニューアルキャンペーンを実施中で、1500円以上購入すると、先着30万名までに、300ポイントがプレゼントされるとのこと。

デメリット
・本人認証サービスに対応したクレジットカードが必要
・当せん金が1万円未満の場合、3月と9月の半期ごとのとりまとめとなるので、当せん金の振り込みまでにタイムラグがある
・手軽なのでついつい買いすぎてしまうかも

なお、とりまとめの期間内に当せん金の合計が1万円を上回った場合は、当せん金の支払日から1週間程度で振り込まれるとのこと。
また、依頼すれば、1万円未満でも振り込んでもらうことが可能なようだ。


最後に、高額当せん者だけがもらえるという例の冊子について。
気になったので聞いてみると、PDFでの閲覧となるそうだ。

「宝くじ」に当選するという庶民の夢は、買わないことには始まらない。
冊子を拝める日を夢見て、ネット購入を試してみてはいかがだろうか。