女優は「魔性の女」が多い?(写真はイメージ)

写真拡大 (全2枚)

「理性を欠いた時間を過ごしてしまったのは確かです」──そんな生々しい謝罪コメントを発したのは、妻子ある男性との不倫関係を今年3月に報じられた元アイドルで女優の高橋由美子(44)だった。同じく元アイドルで女優の小泉今日子(52)も、2月に事務所からの独立とあわせて、俳優の豊原功補(53)との不倫報道について「報道されている通り恋愛関係でもあります」と堂々と認める宣言をした。

 不倫を認める先輩女優を追うかのように自身の夫婦生活について赤裸々に口にしたのは、朝ドラ女優・宮地真緒(34)である。交際14年になる会社員男性と昨年11月に結婚したばかりだが、テレビのトーク番組で「夜の営みが物足りない」と明かし、スタジオを仰天させた。“清純派”の内山理名(36)でさえ、10代の頃、恋愛をしていたことをバラエティ番組で告白している。

「恋愛禁止とかってあると思うんですけど、禁止なかったんですよ。なので『デート行ってきま〜す』とか」

 寝る間も削ってデートしていたというから、かなりの肉食女子だったようだ。芸能評論家の三杉武氏が語る。

「いまの芸能界では、旺盛な消費習慣を持つ女性ファンをいかに獲得するかが重要で、女性芸能人も男性ファン以上に女性ウケを狙っている。ぶりっ子キャラや“エセ優等生”が嫌われる半面、プライベートを必要以上に隠さずに、恋も仕事も積極的に楽しんでいる女性芸能人が憧れられるようになった。ハリウッド化している面があると思います」

 女優やアイドルがテレビ番組やSNSなどで、恋人について話すことも珍しくなくなってきたが、見えないところで活発に恋を楽しんでいる芸能人もいる。ベテラン芸能記者が言う。

「とくに役に入り込む“憑依型”女優の場合、共演者と恋愛に陥るケースが非常に多い。ラブシーンをきっかけに距離を縮めて、休憩中も相手の俳優とベッタリ離れなくなるということも。ロケがある映画の現場は絶好の場のようで、夜な夜な共演者の部屋に通っていることも珍しくありません」

 しかし、そこは一般人とは違う女優独自の感性があり、この手の恋愛は長続きしないことが多いという。

「撮影が終わると次第に熱が冷め、次の仕事に入ると新たな共演俳優と深い関係になるという“共演者キラー”は、とりわけ清純派と呼ばれる女優に多い。老舗や大手のプロダクションはプライベート管理が徹底しているので、恋愛するには“職場”がうってつけの場所なんです」(同前)

 撮影が長期ロケともなると、前半と後半で相手を“乗り換える”女優もいるというから恐れ入る。

※週刊ポスト2018年11月9日号