京王電鉄に、サンリオキャラクターのラッピング電車が完成。全体がピンク色にされた車体の各所で、「ハローキティ」「マイメロディ」「ポムポムプリン」といったキャラクターたちが愛嬌を振りまきます。ドアのステッカーにも注目です。

「ハローキティ」の誕生日に運転開始

 京王電鉄が2018年10月31日(水)、サンリオのキャラクターを車体に装飾したラッピング電車(9000系電車1編成)を、若葉台車両基地(東京都稲城市)で報道陣に公開しました。


ピンク色を基調とした京王のサンリオキャラクターラッピング電車(2018年10月31日、伊藤真悟撮影 (C)2018 SANRIO CO., LTD)。

 地域活性化を目的に、京王電鉄が「サンリオピューロランド」がある沿線の多摩市(東京都)と協力。国内外の多くの人々に来てもらいたい、との思いで誕生したものです。

 車体は全体がピンク色になり、先頭車の前面には「ハローキティ」と「マイメロディ」、側面には「ポムポムプリン」「ポチャッコ」「けろけろけろっぴ」「リトルツインスターズ」「バッドばつ丸」「シナモロール」といったキャラクターたちがラッピングされています。花とともにデザインすることで、華やかでかわいらしいサンリオの世界観を表現。乗降用に貼られた、手が引き込まれないように注意を促すステッカーも、同様の“サンリオデザイン”になっています。


側面に描かれた「ハローキティ」((C)2018 SANRIO CO., LTD)。

ラッピング電車の前に立つサンリオキャラクター((C)2018 SANRIO CO., LTD)。

ドアの窓に貼られた注意喚起のステッカー((C)2018 SANRIO CO., LTD)。

 運転開始は、「ハローキティ」の誕生日である11月1日(木)。京王線や相模原線、高尾線、競馬場線で運転されるほか、都営新宿線にも乗り入れます。期間限定ではなく、当面のあいだ運転されるとのことです。

 京王電鉄は、2016年3月12日から8月末まで、「ハローキティ」の京王多摩センター駅名誉駅長就任と、同駅へのサンリオキャラクター装飾実施を記念して、そのラッピング電車を運転しましたが、このときは車体の一部のみがラッピングされていました。