マダガスカル島に生息していた「象鳥」視力はほぼなかったと判明

ざっくり言うと

  • アフリカ東部マダガスカル島を500年前まで歩き回っていた巨大な「象鳥」
  • 30日、夜行性でほとんど目が見えなかったという研究結果が発表された
  • 視力をつかさどる神経が異常に小さく、ほぼ存在しないような状態だったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング