安部裕葵はAFC U-19選手権に参戦中のU-19日本代表を離脱して鹿島アントラーズに戻る【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

安部裕葵、U-19日本代表を離脱

 U-19日本代表はAFC U-19選手権で準決勝に進出し、来年のU-20ワールドカップ出場も確定させた。そんな中で発表された安部裕葵の途中離脱。所属する鹿島アントラーズの事情を踏まえての決定だったが、その裏にどんな思いや意図があったのだろうか。(取材・文:舩木渉)

---

 U-19日本代表はAFC U-19選手権の準々決勝でインドネシアを2-0で下し、来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップの出場権を掴み取った。

 2大会連続となる世界への挑戦権を得るための戦いは決して楽なものではなかった。特にその切符をかけた大一番は、地元インドネシアの6万人を超える大観衆が声を張り上げ、激しい雷雨に見舞われた中での一戦。一瞬の気の緩みも許されないギリギリの戦いを制した。

 そして激闘から2日後の30日、日本サッカー協会(JFA)からチームから2人の選手が離脱すると発表された。1人はインドネシア戦の前半に左ひざを負傷していたMF藤本寛也、2人目は10番を背負う安部裕葵である。

 藤本に関しては大会中に復帰の見込みが立たず、治療を優先するための判断。一方、安部は「クラブ事情」と明かされている。後者が所属する鹿島アントラーズはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で決勝に進出したため、11月3日ホームでの1stレグ、10日にアウェイでの2ndレグが控えている。

 キャリアで2度とあるかわからない大舞台に、鹿島は今季リーグ戦19試合出場で2得点を挙げ、ACL準々決勝でゴールも奪っている安部の力を必要とした。それをJFAも理解し、AFC U-19選手権の準決勝と決勝を残した段階での途中離脱を認めたということになる。

 もっとも鹿島がACL決勝進出を決めた24日の段階で、安部にU-19日本代表からの離脱の可能性があることは誰もが理解していた。過去にも同様の形でクラブ事情によってチームを離れた例があり、安部も例外ではないと見られていた。

 だが、安部は鹿島のACL決勝進出には「あれだけ逆転されても3-3まで持っていけて、決勝に行けるだけの力があるチームというのは間違いない。自分もそのチームの一員ということは自覚していますし、先輩方はチームメイトとして誇らしい存在です」と喜びを語ったものの、U-19日本代表として活動している間、途中離脱の可能性をほのめかしたことすらなかった。

最初から最後までプロフェッショナルだった19歳

 記者から自身の鹿島帰還の可能性について問われても「(代表とクラブのどちらを選ぶかは)難しいですけど、個人的な感情は出すべきじゃないと思うので。(感情が)あったとしても出さないですし、与えられた環境でやることが素晴らしいサッカー選手。自分のステージで輝くべきだと思っています」と、自らそれを望むような素振りを見せることはなかった。

 もしU-19日本代表を離れて鹿島に戻る可能性があるとすれば、AFC U-19選手権の準々決勝に勝利してU-20ワールドカップ出場を確定させた後になる。インドネシアまで取材に訪れていたメディア関係者は皆この認識を共有していたが、チーム関係者や安部本人に対し必要以上のアプローチをかけることはなかった。

 大会が進めばいずれわかること。探りを入れはしても、スクープで誰かを出し抜く、あるいは日々一体感が高まっていくチームに亀裂が生じたり、士気に悪影響が及んだりするような報道に意味はない。準々決勝が終わればチームを離れることは事前にある程度決まっていたかもしれないし、そうでないかもしれないが、結局のところJFAのリリースで正式発表されるまで、メディアも、監督も、スタッフも、安部本人も途中離脱の可能性があるような素振りは一切見せなかった。

 むしろ安部はインドネシアに勝利した後も、「こういうワールドカップをかけた試合は緊張感がありました。相手も1回やった時(今年3月の親善試合)とは違うような顔つきだったし。でもこういう経験は僕にとって絶対にプラスになる」と淡々と語り、誰よりも「まだこの先に準決勝、決勝があるぞ」という姿勢を前面に出していた。

 大会前はコンディション調整に苦慮して別メニューが調整していたが、グループリーグの途中では「1試合1試合、準決勝、決勝となるにつれて、チーム全員で言っているのは、決勝で一番いいコンディションになれるようにということ」と、U-20ワールドカップ行きが決まる準々決勝ではなく、あくまで決勝に照準を合わせて最高の状態を作っていくことの重要性も語っていた。

 U-19日本代表の一員としてのアジア制覇に並々ならぬ意気込みと、人一倍の士気の高さを感じさせたのが安部だった。別格の輝きを放ったピッチ上でのプレーからも、あくまでチームの勝利を考えた貪欲さが感じられた。

影山監督の偽らざる本音

 大会途中で「送り出す側」になったU-19日本代表の影山雅永監督も、まだ安部の離脱が確定していないインドネシア戦翌日の29日に取材に応じた際、こんなことを言っていた。

「もちろんこっち(AFC U-19選手権)の準決勝、決勝も大事です。昨日の観衆もすごかったけれど、(ACL決勝は)10万人のお客さんが入る試合。だから僕には2通りあって、(U-19日本代表の)監督としては『いやあ何言っているんだ。ここにいる選手たち全員で戦うんだぞ。出て行くなんて許さん』というのもあって、でも1人の指導者としては『それは高いステージでやったほうがいいじゃん!』というのもある。二枚舌と言われようが、ある(笑)」

 これは影山監督の偽らざる本音だ。安部の離脱に関しては「僕のところで決めることじゃなくて、技術委員会であったり、関塚(隆)技術委員長であったりがいろいろ考えているところかもしれない」が、「もしそうなったときには、喜んで送り出してあげる」つもりだったのである。

 これは指揮官が欧州で再確認した育成における「道筋はどうでもいい」という考え方に基づいている。今夏、U-19イングランド代表はU-19欧州選手権でグループリーグ敗退に終わり、来年のU-20ワールドカップ出場を逃した。昨年U-20とU-17のワールドカップを制した“王者”が、まさかの苦杯を舐めたのである。影山監督はその現場を視察していた。

 だが、イングランドの予選敗退は、U-20ワールドカップというショーケースでの挑戦の機会を失う代わりに、若い選手たちにとっては得るものがあったのかもしれない。

 イングランドは主力の多くをプレミアリーグの各所属クラブのプレシーズンキャンプによって招集できなかった。それでも「将来優れた選手がその国の代表選手になって世界的に活躍するというのが最大の目的」と考えた時に、U-19代表で同年代の選手と戦わせるか、所属クラブでワールドクラスの選手と競争させるか。どちらが選手の成長にとってプラスになるのか、答えは明らかだった。

「19歳だからこそ今上に行って欲しい」(影山監督)

 安部にとっても同じことが言える。日本でプレーしている以上、欧州のようにチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグのようなハイレベルな大会はないし、国際経験を積めるチャンスはより貴重になる。

 そういう意味でACL決勝は、人生で2度とないかもしれないビッグチャンス。「19歳だからこそ今上に行って欲しい」という影山監督の願い、さらに「日本サッカーとして高いステージで選手を戦わせてということ。ACL決勝は国内のリーグ戦やカップ戦とは違いますよね。(AFC U-19選手権と)どっちが選手をより大きくできるのか」という選手の将来を思う気持ちもあり、大会期間中の途中離脱をネガティブには捉えていないはずだ。

 安部はインドネシア戦との激闘を終え、「どんな試合にしてもどんな相手にしてもやっぱり経験は大事。こういう環境で経験ができたのも自分の経験値にしてしっかり吸収しようと思います」と話していた。6万人の大観衆の中でプレーすることも、それが全て対戦相手を応援している環境なことも、彼にとっては初めてだっただろう。

 ACL決勝の相手はイランの名門ペルセポリス。敵地で行われる2ndレグは首都テヘランのアザディ・スタジアムで行われる予定になっている。そこではインドネシアよりも敵意むき出しの8万人を超える大観衆(しかも女性の入場は認められていないため全員男性だ)に360度取り囲まれることになる。

 だが、安部には6万人を相手にした「経験」がある。この短期間に6万人、8万人という「完全アウェイ」を連続して体感できる、世界中を見渡しても同様の例はなかなか見当たらない。U-19日本代表のアジア制覇はチームメイトたちに託した。ならば快く送り出してくれた仲間や指揮官たちからの思いを力に変え、「自分のステージで輝く」ことで、ACL優勝から持ち帰る貴重すぎる「経験」を今後の成長に生かしていくしかない。

(取材・文:舩木渉)

text by 舩木渉