W杯制覇は遠のいたか

写真拡大

 イタリアの名門サッカーチーム「ACミラン」を買収し、一時オーナーの座に就いていた中国人実業家が事業で失敗し、約7200万元(約12億2400万円)もの借金を抱えて、ACミランを手放していたことが分かった。

 ACミラン買収については、サッカー好きといわれる習近平・中国国家主席も支持していたといわれるが、無理な資金調達によって破産に追い込まれた形だ。この実業家の所在は現在、分かっていない。フランス通信(AFP)が報じた。

 この中国人実業家は李勇鴻(リ・ヨンホン)氏(49)で、李氏はロッソネーリ・スポーツ・インヴェストメントを創設。昨年4月、元イタリア首相でACミランのオーナーだったシルヴィオ・ベルルスコーニ氏からACミランの株式を買収し、オーナーの座に収まった。

 李氏はこの買収資金を米ヘッジファンドのエリオット・マネージメントから調達。その額は3億ユーロ(約384億円)以上で、その利子は最大24%だと伝えられていた。ところが、李氏は返済期限の昨年10月までに借金を返すことができなかったため、ACミランの所有権はエリオット・マネージメントに移譲されてしまった。

 さらに、中国内でも、李氏は裁判で、湖北省の投資会社から借り入れた6000万元と滞納違約金1200万元の計7200万元の返済を求められているという。

 しかし、李氏の消息は現在でも途絶えたままだ。香港メディアの報道によると、李氏は脱税や汚職などの容疑で、当局に身柄を拘束され、取り調べを受けているという。

 李氏によるACミラン買収については当初、習氏が自らの最大の願望について「サッカーワールドカップを中国で開催し、しかも優勝すること」と公言していることから、「習近平主席を中心とする中国政府の強い後押しがある」との報道もあった。

 習氏としては、名門サッカーチームの買収によって、サッカー中国代表チームを強化しようと考えており、李氏を支援していた。だが、肝心の李氏がACミランの買収のために用意した資金を事業につぎ込んで失敗したことから、習氏の夢も破れる結果となり、習氏が激怒し、李氏の身柄拘束につながったとの憶測も生んでいるという。

 習氏は自身の政治信念として「中国の夢の実現」を掲げているが、中国チームがワールドカップを制するという習氏の「中国の夢」は、夢のままか。