神田愛花【写真:竹内みちまろ】

写真拡大

 今年4月、バナナマン日村勇紀とゴールインした神田愛花が、30日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。気になる結婚生活を覗かせる一幕があった。

 「理解できないガサツな人の言動」というテーマに対し、“実家の母が、下着を床暖房で暖めていた”という視聴者のエピソードが紹介された。これに対して司会の明石家さんまが、「すごいなぁ。別に下着を見られてもいい年齢なのかなあ」と感心すると、神田がすかさず、「よく乾くんですよ、床暖の上って」と説明。

 さらに彼女は「よく乾く。下着は特に」「ポーンと置いとくと、すぐ乾きます。1時間ぐらいで」と効果を実感。NEWS増田貴久が「する面のほうを下にするんですか?」と、肌に触れる側を床に置くのか聞くと、神田は「時と場合によるんですけど、どちらでも大丈夫」と言及。

 さんまが「日村は別にええの?」と、床暖での下着乾燥について日村はどう思っているのか尋ねると、彼女は「(結婚して)初めて一緒に冬を過ごすんで、ちょっとやってみようとは思ってる」と言及。さんまが「やめた方がいいのでは?」と指摘するも、「(彼の下着と)一緒に散らばしちゃえば、混ざっちゃいません?ビジュアル的に」と前向きな姿勢を見せていた。