「SUITS/スーツ - フジテレビ」より

写真拡大

 織田裕二主演の月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)。アメリカの人気シリーズのリメイク版であり、弁護士事務所を舞台にしたドラマだが、タイトル通り「スーツ」の着こなしについてのノウハウも出てくるため、ビジネスファッションの観点からも参考になる。

 個人向けスタイリストで『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。』(CCCメディアハウス)の著者という立場から、『SUITS』をファッションの視点で解説したい。

●「下っ端」に見えてしまうスーツの特徴

『SUITS』には「天才肌のルーキー(中島裕翔)」と「やり手で手段を選ばない上司(織田裕二)」が出てくるが、2人の立ち位置の対比はスーツの着こなしからも見て取れる。

・「ペーペーの若造」のスーツ
(1)ラペル(ジャケットの襟の幅)が細い
(2)ネクタイも細い

・「キャリアのあるベテラン」のスーツ
(1)ラペルの幅がある
(2)ネクタイも幅がある

 ジャケットの襟の幅もネクタイの幅も、細いと「若い」印象になる。気をつけたいのが、この「若い」は「若々しい、フレッシュな、さわやかな」という好ましい意味でなく、「若造な、新米な、ちょっと頼りない、チャラい、青二才な」印象になりがちという点だ。

 個人的には、若い人であっても細すぎるラペルはビジネスシーンのファッションとしては勧めない。ビジネスの基本ともいえる「誠実」「信頼」という印象を相手に持たれにくいからだ。

 日本は若いことが尊ばれる価値観が強いため、年齢的に若くない人でも細いラペルのスーツを着ている人をけっこう見かける。しかし、これは若い人が細いラペルのスーツを着るよりも、さらに難易度が高い着こなしだ。細いラペルや細いネクタイは、若者であっても「チャラく」見える。若くない人であれば、「よっぽど若く見せたいんだな」などと思われてしまうだろう。そして、そのような「若づくりのファッション」は、本人の意図に反して「この人はもう若くない」という事実を強調してしまうことになる。

 ここで「そんなの自分らしくない」「個性を殺している」「着たい服も着られない今の日本は抑圧されている」などと言い出すのは本末転倒だ。ファッションは自己表現であり心の解放であると私も思うが、「ビジネスファッション」で目指すのは、その山ではない。

 プライベートとビジネスではファッションの流派が違い、ビジネスファッションには守るべきルールがある。ビジネスファッションで「自己表現」などと言い出すのは、「まわしと髷は抑圧だ」と力士が怒り出すようなものだ。

 派手な帽子がチャームポイントのアパホテル・元谷芙美子社長のように個性を前面に出しているケースもあるが、あれはCMをジャンジャン流すような一大ホテルグループの「社長」だからいいのであり、いわばレアケースだ。そこを履き違えて平社員が真似るのは危険すぎる。

 残念ながら、スタイリストがついているはずのテレビ局のアナウンサーのなかにも、「年齢のわりに、ずいぶんラペルが細いな」と違和感を覚えるケースが多い。いずれにせよ、細すぎないラペルを選んだほうが清潔感のある印象になり、モテやすくなることだけは保証する。

 また、ここで気をつけたいのが「じゃあ、ラペルやネクタイは何cmからOKで、何cmまでNGなのか」という“数値原理主義”だ。数値を基準にするまでもなく、スーツ専門店に行ってさまざまなスーツを見れば「明らかに細すぎる」スーツやネクタイはすぐにわかるので、それを選ばなければいい。ラペルの幅にも流行があるため、ここで「○cm」と定義できるものではないのだ。

●織田裕二の「ピークラペル」は難易度高め

 また、織田裕二が着ているスーツの「ジャケットの襟のデザイン」は、そのまま真似るのは危険だ。襟が「ピークラペル」(下側の襟の端が水平より上に突き出したデザイン)なのである。一方、中島裕翔のほうは一般的なスーツで見られるノッチラペルだ。

 ピークラペルは、ビジネスシーンではかなり「尖った」印象になる。知り合いの結婚式に参列するときなどは「お祝い」感を醸し出すのでいいが、一般的なビジネスの場では少々やりすぎ感が出るので、これも勧めない。

 なお、ドラマ内で織田裕二は画像よりもう少し幅のあるネクタイをしているが、この画像では、ジャケットの襟の幅がしっかりとあるわりにネクタイの幅はやや細い。そのため、胸元がスカスカしているように見える。「ジャケットの襟の幅」と「ネクタイの幅」は合わせるのが鉄則だ。ここがずれていると、なんだかちぐはぐに見えてしまう。お手持ちのスーツとネクタイを、今一度確認してみてほしい。

●スーツのボタンに関する意外な誤解

『SUITS』では、オリジナルのアメリカ版でもリメイクの日本版でも、「やり手上司」側が常に見せるしぐさがある。「座るときはジャケットのボタンを開け、立ったらジャケットのボタンを留める」というものだ。

 息を吸うように自然に、ボタンに一切目を向けずに留め外しをする姿は日本版でもきっちり踏襲されていてかっこいい。これは、「スーツのルールをちゃんと知っていて、気を配っていますよ」という振る舞いであり、「ホワイトカラーのエリートであること」を表現しているのだ。

 間違えている人も多いが、スーツのジャケットのボタンは「立っていたら留めて、座っていたら開ける」。しかし、「留めていたほうがきちんと見えるから」という理由なのか、実際には座っているときもボタンを留めているケースが多い。また、あらたまった席になればなるほど、「座っていてもジャケットのボタンは留めるものだ」と思っている人が多いが、本来はあらたまった席であっても座るときは外していい。

 特に、企業のホームページの「採用情報」のコーナーでは、この間違いをよく見かける。先輩社員たちが立って微笑んでいる写真でボタンが開けっ放しでだらしなく見えていたり、逆に着席しているシーンでボタンを留めたままにしていて胸元が苦しげだったりするケースがあるのだ。人事担当者は、ぜひ自社のホームページを確認してみてほしい。

 なお、例外もあり、スリーピース(ジャケット+スラックス+ベスト)の着こなしの場合は、ボタンは座っていても立っていても開けたままでいい。留めたら、ぱっつんぱっつんになるだろう。

●ドラマ『SUITS』の“あり得ない”シーンとは

 ボタンの開け留めではスーツへのリスペクトが感じられる『SUITS』だが、紳士服販売をしていた身として、ドラマを観ていておかしいと思ったシーンがある。

 第2話で、中島裕翔が織田裕二の紹介を受けて超高級スーツ店でスーツを仕立ててもらうのだが、その際「今日着て帰れるスーツはありませんか?」と言っていた。実際、中島裕翔はその日に新しいスーツを着て、就職もせずに心配をかけ続けたおばあさんに成長した姿をお披露目するという、ドラマ的には「いいシーン」が展開された。しかし、超高級スーツ店でスーツを仕立てるのであれば、それはオーダースーツであり、その日に買って持って帰れるような手軽なものではない。

 オーダーでなく、すぐに買えるスーツであっても、基本的には「裾上げ」が必要になる。特に、今は10月だ。寒くなってきた頃に秋冬のスーツを買おうという人が多いため、10月の紳士服店はセール期を除けば1年で一番混む時期だ。そのため、裾上げ担当のスタッフがバックヤードで1日中ひたすら裾上げをしても追いつかないような状態になる。仕上げは「なるはやで」という人も多いが、裏では「人が縫っている」ということを覚えていてくれるとうれしい。

 なお、紳士服店が混む10月だが、ストレスなく待たされずに買いたいと思うのであれば、開店直後か雨の日か平日に行くことを勧めたい。
(文=石徹白未亜/ライター)