7月に岡山市の国道で乗用車がポールに衝突し、乗っていた中学2年の男女5人のうち1人が死亡、4人が重軽傷を負った事故で、岡山県警は30日、車で先導して無免許運転を手助けしたとして、岡山市北区富田の無職則枝研二容疑者(40)を道路交通法違反(無免許運転幇助〈ほうじょ〉)の疑いで逮捕し、発表した。

 「一緒に走ったが、(少年の一人が)勝手に無免許で運転していた」と先導したことを否認しているという。

 県警によると乗用車は則枝容疑者の知り合いの少年(当時13)が運転。則枝容疑者は無免許で運転することを知りながら、「あぶねえけえ、ついていってやる」と言い、少年らの車の前を自分の車で先導するなどした疑いが持たれている。

 事故は7月1日午前5時ごろ、岡山市北区青江2丁目の国道30号で起きた。車は中央分離帯上の金属製のポールに衝突し、同乗していた岡山市の女子生徒(当時13)が頭を強く打って死亡した。