かつて僕らをテレビ画面に釘付けにさせた、セガの家庭用ゲーム機『メガドライブ』。個人的に思い出深いのは「ファンタシースター」シリーズだ。……それはともかく、そんなメガドライブのカートリッジが遊べる互換ゲーム機『Mega SG』が、海外メーカー「Analogue」から登場した。

【詳細】他の写真はこちら



この『Mega SG』はソフトウェアによるエミュレーションではなく、ハードウェア的にメガドライブを再現しているため、映像の再現性の高さ、ラグなしでのプレイを実現している。映像出力はHDMIによる1080p解像度に対応。



メガドライブのカートリッジが遊べるのはもちろん、製品には『マスターシステム』のカセットをプレイするためのアダプタが付属。さらに『マークIII』『ゲームギア』『SG1000/3000』、ICカード型ROM『マイカード』などに対応する専用アダプタも今後リリースされるそうだ。また、拡張スロットを備え、CDゲームの読み込みを可能にする周辺機器『メガCD』の接続にも対応しているのもスゴい。



コントローラーは、ワイヤレス通信に対応した8BitDoの『M30』が24.99ドル(約2800円)で用意されている。もちろんメガドライブオリジナルのコントローラーも利用可能だ。



『Mega SG』は189.99ドル(約2万1000円)で予約を受け付けており、2019年4月の出荷を予定している。まだ自宅の押し入れにメガドライブのカートリッジが残っていれば、数十年前の興奮が取り戻せそうだ。

関連サイト



Mega SG

text塚本直樹