新婚ジャスティン・ビーバーが仕事抑制か

写真拡大

ジャスティン・ビーバーが、仕事を抑えて私生活に焦点を当てているようだ。

先日ヘイリー・ボールドウィンと入籍を済ませたと報じられたジャスティンは、結婚生活に身を捧げる構えのようだが、一方のヘイリーは仕事復帰を図っている最中だという。

関係者はピープル誌に次のように話している。

「ジャスティンは元気そうですが、まだ新しい音楽制作とはいかない感じで、ヘイリーと一緒にいたいと口にしています。ヘイリーの方が仕事への準備万端のようです。そのことで2人の間に少しいざこざもあったようです。ジャスティンは映画を見たりしてくつろぐ時間が欲しいのに対し、ヘイリーはエネルギーが充実して、やりたい企画もたくさんあるのです。仕事の面では食い違いがあるのです」
「ヘイリーはジャスティンが長年身を粉にして働いていたのをわかっていますし、彼が休みを取ることにも納得しています。ジャスティンも彼女がやりたいことがあるならやって欲しい所存です。多少のいざこざはあれど、問題になるほどではありません。依然とても愛し合っていますし。お互いの家族同士もです。それが一番大事な事ですから」
「彼はずっと仕事に奔走してきたのです。のんびりする時期です。愛する女性との時間を楽しんでいます。何事にも邪魔されたくないのです」
「まもなく仕事に復帰するでしょう。でもその必要がないことも事実であります。もう十分な財産がありますからね」