超高額薬に費用対効果を用いるべきか「命の値段」めぐり思惑が錯綜

ざっくり言うと

  • 本庶佑氏が開発に尽力したがん治療薬・オプジーボをはじめとする、超高額薬
  • 医療財政への懸念から、「費用対効果」の手法について議論されている
  • 「命の値段」をめぐり、関係機関の思惑が錯綜しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング