障害者でも歩きスマホは避けるべきなのか

写真拡大

歩きスマホ」が問題視されるようになって久しいが、改まるどころか益々増えている印象さえ受ける。すぐに避けることが難しい障害者にとって、歩きスマホをする人間は恐怖以外の何物でもないが、障害者が健常者にあえてぶつかると罪になるのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 以前の法律相談で「歩きスマホに憤ってわざとぶつかり故障させたら弁償するべきか」の回答にショックを受けました。先生はぶつかった側が弁償の責任を負うと答えています。しかし、私は右足に障害があり、歩きスマホの健常者に対しては、あえて正面からぶつかっています。やはり私のほうに問題アリですか。

【回答】
 あなたが、そのまま歩いて若者にぶつかり、若者が転んでケガをしたとしましょう。あなたは足が不自由であっても、身構えることができますから、さほど大きな影響はないはず。また、ぶつかることを予想していたので、若者が転んでケガをすることも予見可能です。

 その場合、2人の間で新たに生じた事態である、若者のケガによる損失を誰が負担するかという問題になります。あなたは承知でまっすぐ進み、歩きスマホの若者は気付かずにまっすぐに進みました。歩きスマホが非難される度合いと、ぶつかるという行為をした、あなたの行為の違法性を比較すれば、いろんな意見があると思います。

 あなたに同調する人もいるはずです。しかし、例えば若者の打ち所が悪く大ケガをしたら、どうでしょうか。単なる自業自得だとはいえないのが、一般の感覚だと思います。たいしたことが起きないぶつかり方であれば、若者も自分の非に気づき、あなたに突っかかりはしないでしょう。事実上問題は起きないかもしれません。

 しかしながら、大きな被害が生じた場合、法の判断を受けることになります。ぶつかった点は2人とも同じですが、若者には過失が、あなたには故意があったことになります。避けることもできましたし、避けなくても、声を出して注意することはできます。イヤホンを付けていても、大声を上げれば聞こえるもの。以上を踏まえ、回避する方法があったので、正当防衛にもならないのです。

 歩きスマホを不快に感じるのは私も同じです。それでも避けるのが嫌でぶつかるというのは、もっと賛成できません。とはいえ、仮に騒音がひどく、人混みで避けようがない状況では別です。ぶつかるという結果を回避できませんし、注意義務違反はなく、不法行為にはなりません。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2018年11月9日号