眠りは最小限の努力で最大の美容になる!?

写真拡大 (全7枚)

こんにちは。フリーPR & 美容コラムニストの福本敦子です。

先週アーユルヴェーダの聖地スリランカに行ってきました!

毎日トリートメントを受けたり、健康にいい食事をして身体とこころを見つめ直す1週間。

それはそれは至福の時でした

着いてすぐにドクターに自分の症状を訴えて、それをもとにメニューをプログラムしていくのですが、私が伝えたことはこちら。

 

「SNSや原稿などを夜に書いてしまって眠るのが遅くなる」

「パソコンと携帯を見過ぎで目が痛い」

 

これ、みんな引っかかることですよね。笑

 

ここの施設で過ごして気づいたことの最大の収穫は

「眠りが1番自分へのトリートメントになる」ことでした。

朝からヨガなどがあるので6時までには起床して、夜は眠くて22〜23時には寝ていました。そしたら、 目の周りの疲れが取れて、うるおいが戻ってきたんです。

ただ、早寝しただけで。

ドクターによると、

「22〜24時が睡眠のゴールデンタイムで、その時間に寝ておくとエナジーの量が違う」とのこと。

 

文明社会に生きている私たちからすると、

えっ?なんで?的な発言なのですが。

さすが自然の知恵の宝庫、アーユルヴェーダ。

先生が言っていたこと、本当だったじゃん。

と後から考えれば思います。

 

今までの東京生活でついやってしまっていた22時台のライティングタイムを辞めて、潔く仕事はしない。

そのかわり早朝に起きて始めるようにしました。コンディションが今までとは全然違い、驚きました。

ただ時間帯を変えただけでお金もかからないし簡単!

これ、週1回でも10年続けたら絶対にその後に差が出そう…

 

最近寝る時に使っているのがコレ。

masyomeのムーンアイピロー。

箱もかわいいんです。

 

シルクの布に玄米と水晶さざれ石、テラヘルツという眼精疲労などによい鉱石のツブツブが入っていて、ちょうどよい重み。

温めても冷やしても使えますが、スマホなどの見過ぎで目がヒートアップしてしまっている人には断然冷凍庫で冷やして、クールダウンがおすすめ。

 

シルクなので肌あたりも気持ちいい。箱がかわいいのでギフトにもおすすめです。

 

【Information】

masyome ムーンアイピロー http://www.jfitky.com/?pid=135322224

ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハゲダラ https://www.heritancehotels.com/ayurveda/