ダレノガレ明美

写真拡大

 モデルでタレントのダレノガレ明美(28)が、10月22日に都内で行われた「第31回日本メガネベストドレッサー賞」の表彰式に出席。式後、取材に応じたダレノガレは、夏に宣言していた「米ハリウッド挑戦」について、「ニューヨークに行きたいんですよ、ハリウッドじゃなくて……行き場所、今、迷ってます」と答えた。さらに「英語が追いつかないから、5年後、10年後くらいになるかも……」と事実上、断念した格好だ。

 ネットでは、なんだそりゃー!と批判が殺到。なかには“行き場所”どころか“生き場所”を失ったなんて声も――。

 ***

「ハリウッド女優になるためしばらく日本を離れます」とダレノガレが宣言したのは今年(2018年)8月19日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)内でのこと。

ダレノガレ明美

 あれからわずか2カ月で、あっさり撤回された“ハリウッド宣言”に、ネットでは呆れる声が溢れている。

〈演技が問題です。ハリウッドはクソほど凄い俳優がずらずら、そこに入るのは無理だ。大体の俳優は大学で演劇部で研究してなる人が多い。日本のように可愛ければ出られると言うレベルではない。英語より演技、演技の前にその業界をよく研究されたら?それと正しい日本語もね。いまのあなたでは、爆発で亡くなるエキストラぐらいはできるでしょうね。〉

〈有言実行出来なかったか、やっぱりね。中途半端なのよ、考え方も行動も。英語喋れないのに海外進出とか留学は2週間とか。誰が考えてもおかしいし人間としての中身がない。今後も何をしても中途半端だと思う。〉

〈日本でも役者姿を見たことがないけど。/ハリウッドに行く前に、まずは日本でちゃんと基礎を築いてからですね。/一生無理でしょうが。〉

〈英語云々以前にそもそも国内ですらろくに役者として活躍してないのにハリウッドで活躍できるくらい甘いもんかな?〉

〈ここ最近見たニュースの中で1番バカバカしい〉

業界でも嗤われる

 実は、この「ハリウッド挑戦」の話、テレビ業界では端っから相手にされていなかったという。

「完全に話題作りでしたからね。渡米といってもたった2週間の“お試し旅行”ということでした。要はアメリカという所が、自分の肌に合うのかどうかを試す旅だと。一応、英語の学校にも通うつもりだったようですが、2週間でなにが出来る?と周囲はみんな呆れていました」(民放スタッフ)

 なぜ、ハリウッド挑戦などと大風呂敷を広げてしまったのか。

「やっぱり、彼女の後釜となるタレントがどんどん出てきていますからね。“にこるん”(藤田ニコル[20])とか、“みちょぱ”(池田美優[19])、“ゆきぽよ”(木村有希[22])とか若い子が出てきています。当初は彼女たちも“おバカモデル”的な立ち位置で出てきましたが、最近は頭の回転も速く、切り返しも上手いことが評価されて露出は増えています。ギャラだって彼女たちの方が安いですからね。その点、ダレノガレはいまだに“おバカ”のまま。同様にあまり見かけなくなっているのが、同い年のローラ(28)です。それでもローラは、曲がりなりにもハリウッド映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』(16年)に出演しましたから、ダレノガレもそのノリを狙ったのかもしれません。日本ですらろくに演技をしたこともないのに、いきなりハリウッド進出なんて普通はあり得ない話ですよ」(同)

 それにしても無謀な話題作りだったように思えるが。

「昨年から今年初めにかけては、家賃130万円と言われる自宅マンションをテレビやインスタで公開したことで話題になり、それでバラエティにも出ていましたが、そのネタが尽きて、という感じすらしますね。今後しばらくは、ハリウッド行き失敗ネタや謝罪ネタで出演する機会があるでしょうけど、その後はどうなることか。SNSを見ても、話題作りは完全にウラ目に出てしまったようです。アメリカへ行く前に、日本での居場所を失ってしまうかもしれません」(同)

週刊新潮WEB取材班

2018年10月27日 掲載