「イケ散らかしてるぬりかべ 純愛篇/壁ドン篇/地球の危機篇」

写真拡大 (全5枚)

ヤング男性向けコスメブランド「ギャツビー」が、『ゲゲゲの鬼太郎』でお馴染みの水木プロダクションとコラボレーションした『イケ散らかしてるぬりかべ 純愛篇/壁ドン篇/地球の危機篇』を、10月26日(金)にギャツビー特設サイトにて公開した。

【『ゲゲゲの鬼太郎』ぬりかべ、超絶イケメンになって少女漫画化の画像・動画をすべて見る】

水木プロダクション監修のもと、漫画家の桜ヰココロさんによって無骨なぬりかべがまさかのイケメンに。

壁ドン篇(抜粋)

衝撃ビジュアルのぬりかべが、少女漫画に紛れ込んでいる。

単なる「ウェイ」ではないぬりかべ

イケ散らかしてるぬりかべ

超絶イケメンとなった「ぬりかべ」が主人公の漫画は全3篇。

人間と妖怪の“壁”を壊して女性と恋に落ちる「純愛篇」、学園恋愛モノに欠かせない“壁”ドンと胸キュン必至の告白シーンを描いた「壁ドン篇」、愛する女性を守るため、地球に迫る巨大隕石に“壁”となって立ち向かう「地球の危機篇」の公開されている。

純愛篇(抜粋)

無口でおとなしい性格だったものの、毎日のスキンケアで劇的に変わったことで周囲の反応にも変化が。

男女問わず好かれるようになったぬりかべは、自信をつけたことで積極的なアプローチができるように。

女性から顔の印象が変わったと言われれば「俺のこと好きなの?(笑)」と茶化すなど、イケメンじゃないと許容されないであろう発言も軽々と口にする。

地球の危機篇(抜粋)

見た目の良さのみならず、時には身を挺して地球滅亡の危機に果敢に立ち向かう内面の強さと優しさも兼ね備えた本当のイケメンのぬりかべ。

カオスでありつつ、時にはほっこりするエモい世界観となっている。

第6期として4月から放送中のアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』では、人間だった頃の目玉のおやじが超絶イケメンだったことも話題になっていたが、強気な“ビッグマウス”発言を連発して女性たちを虜にしていくぬりかべの活躍も必見。