セブン銀行ATMでもSuicaやPASMOをチャージ可能なので試してみた! おつりは出るの? チャージはいくらから?

写真拡大 (全7枚)

セブン銀行のATMは、今や、全国で2万4000台以上にもなる。
コンビニエンスストアのセブンイレブン、スーパーマーケットのイトーヨーカドーをはじめ、大型の商業施設や駅構内などに設置されており、利用する人も多い。

そんなセブン銀行のATMに、10月15日から新しい機能が追加されている。
交通系ICカードの
・チャージ
・残高確認
これらができるようになったのだ。

電子マネー「nanaco」のチャージや残高確認は、既に対応していたが、
今回は、それに加えて、
・Kitaca
・Suica
・PASMO
・TOICA
・manaca(マナカ)
・ICOCA
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん
・楽天 Edy(ラクテンエディ)
この9種類の交通系電子マネーと「楽天 Edy」にも対応したのだ。


ということなので、実際にPASMOを使って、チャージや残高確認をしてみた。


画面上部の中央のアイコンをタッチする


使い方は、
まずは、画面上部ある「電子マネーチャージはこちら」をタッチする。

次に、画面右側にあるカードリーダー部分にICカードを置く。
実は、スマートフォン(スマホ)にも対応しているので、モバイルSuicaなどをスマホに設定している場合は、スマホ本体をリーダーに置けば利用できる。


あとは下記写真のように、画面のガイドに従って操作すればよい。


チャージか残高確認を選択する



チャージ金額は1,000円から1,000円単位で選ぶことができる



おつりもちゃんと出てくる



「ご利用明細票」を取り出すこともできる。明細票の取引内容は「チャージ」と記載される



残高確認の画面。この画面からチャージを選ぶこともできる


実際に使ってみると、予想していたよりシンプルで、操作もいたって簡単だった。
特に、セブン銀行のATMで現金を引き出した後、すぐに交通系ICカードにチャージできるのはとても便利だと感じた。


また、
・おつり
・明細書の発行
これらに対応している点も、親切だと感じた。

一方で、JR券売機の「500円からのチャージ」が非対応なのは、少々残念なところ。

もともとセブン銀行ATMでは、硬貨の取り扱いはしていないため当たり前といえば当たり前だが、チャージ金額は最低で1,000円からということになっている。

いずれにしろJRや私鉄の券売機だけでなく、セブン銀行ATMでも、交通系ICカードや楽天 Edyのチャージができるようになったことで、電子決済が、さらに使いやすく、便利になったといえるだろう。


■サービス開始:2018 年 10 月 15 日(月)
■サービス内容:チャージ(入金)、残高確認
■利用可能時間:終日
■利用手数料:無料
・チャージ単位:1,000 円単位
・「交通系電子マネー」では 20,000 円、「楽天 Edy」では 50,000 円(1 回あたり 25,000 円)の残高上限額以上の金額をチャージすることはできない。
・セブン銀行 ATM が設置されている施設の営業時間外は利用できない。

セブン銀行


執筆:2106bpm