矢野(左)にアキレス腱固めを決められた所は、すぐさまタップ=東京・港区六本木のトータルワークアウトで

写真拡大 (全3枚)

 13日、六本木ヒルズにあるトータルワークアウトで、年末に開催される『FieLDS K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!』において、永田克彦(新日本プロレス)戦が決定している所英男(リバーサルジム)が公開練習を行った。

 スパーリングパートナーは、先日のパンクラス有明大会でキャッチレスリングルールながら近藤有己と対戦した矢野卓見(烏合会)が務めた。

 所は、矢野が主宰する骨法烏合會の道着を着用し、寝技のスパーリングを中心に練習を行った。矢野のタックル、ポジショニング、関節技に関して、「自分にとって必要な存在。永田選手がこれ以上うまいということはないので自信になる」と語り、実際のスパー中には矢野からアキレス腱固めでタップを奪われる場面もあったが、これには所も納得の表情。当日は永田の五輪メダリストという肩書きに惑わされることなく、自然体で決戦に臨むことを誓った。


この日も絶好調、矢野卓見がBlogをスタート!
“東洋の神秘”矢野卓見 - livedoor Blog(ブログ)
骨法烏合會‐矢野が指導をする烏合會オフィシャルサイト


所英男Blog- livedoor Blog(ブログ)
ZSTオフィシャルサイト


ZST Tシャツオーディション企画へ- livedoor Tselect