研究中の犬の脳腫瘍治療薬 将来的に人間にも有効になる可能性

ざっくり言うと

  • 脳腫瘍「膠芽腫」の犬における臨床試験が、とても有望な結果を出している
  • ある犬は治療開始から6週間、てんかん様発作を起こさず、腫瘍も順調に縮小
  • 将来は人間における同じ病気の治療につながることが期待されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング