日本経済団体連合会、略して経団連。日本の東証一部上場の企業を中心に構成されている経済団体ですが、5月より中西宏明会長の執務室に歴代ではじめてパソコンが導入され、メールで指示を送り始めていることが判明した、と話題になっています。

そう、なんと初めてメールやパソコンを執務室で使う経団連会長が誕生したのデス! わー、パチパチパチパチ。。。

ソースは、読売新聞の24日朝刊に掲載された連載記事「解剖財界」の第一回「復権へ 中西流改革」です。歴代の経団連会長サマは、執務室にPCがない時代が続いていたのですねー。

ん? ちょっ待てよ、パソコンやメールは20年以上前からあったはずだが。。。

この事実に衝撃を受けたツイッター民たちのつぶやきをまとめてみました。













今まで執務室でメールさえしてなかったんかーーーい! もう平成さえ終わりますけど、最後にとんでもないネタが投下されましたね。会長さんが、しょっぱなから「ソリティア」にハマらないことを祈るばかりです。。。

くれぐれもブラウザクラッシャーやフィッシングメールに引っかからないよう注意していただきたいですね。まずはキリ番ゲットを足あと掲示板で報告することからはじめてみませんか? もちろんリンクフリーのHPで☆ 俺には伝書鳩や矢文なんかいらない♪

image by: ShutterStock.com

MAG2 NEWS