「IQOS 3」「IQOS 3 MULTI」公式発売前にメルカリに出品相次ぐ、約5倍の値段で取り引き

写真拡大

 11月15日に発売予定の加熱式たばこ「アイコス(iQOS)」の新作「IQOS 3」が公式発売前の昨日からすでにメルカリへの出品が続出し話題を集めている。出品価格は5万から約12万円とIQOSの初期発売以上のプレミア価格になっている。

【画像をもっと見る】

 出品されているのは、10月23日の発表会でメディア向けへの試供品も含めた配布品。「IQOS 3」の定価は1万980円、10本の連続喫煙が可能な「IQOS 3 MULTI」が8,980円となっているが、現在フリマアプリでは両アイテムが平均5万円と約5倍のプレミア価格で取引されている。正式に販売されたものではないためユーザー登録ができるかは不明となっているが、高額にも関わらず出品されたものの多くはSOLDOUTと新型IQOSへの高い人気を窺わせる。