去年のドラフト会議の様子

写真拡大

 プロ野球ドラフト会議」が秋の風物詩となって久しい。野球、あるいはスポーツの枠を超えた「人間ドラマ」がそこに現れるからだが、今年はどうか。あのスター高校生の本当の評価は? 球児たちが忌避する人気球団は? テレビには映らない「金の卵」の群像劇。

 ***

 昨年は、7球団から指名を受けた清宮幸太郎がドラフトの話題をさらったが、10月25日に行われる今年の主役は、何と言っても、金足農業の吉田輝星(こうせい)だ。

 夏の甲子園で予想を覆しての決勝進出。優勝した大阪桐蔭より注目を集めた。「超高校級」なんて記事も出たものだが、

「ここに来て、評価は急に落ちてきました」

 と言うのは、さるスポーツ紙の野球担当デスク。

去年のドラフト会議の様子

「1位指名はあるにしても、複数から来るかどうか、というくらいでしょうか。甲子園の疲れを差し引いても、9月に行われたU18アジア選手権で、2戦とも打たれて負け投手になった印象が大きい。そもそも、甲子園の前まで彼の評価は『大会で一、二を争う投手』くらい。それが金足農業ブームで一気に『松坂大輔クラスの逸材』に膨れ上がった、言わば“バブル”」

 それが時間が経ってようやく冷静な評価に落ち着いたというワケなのだ。

「僕は今でも大学に進学すべきだと思っています」

 と、野球ライターの安倍昌彦氏も手厳しい。

「吉田は素晴らしい投手ですが、幼い部分も多い。例えば、スライダーの曲がりが早過ぎて、打者から見れば早めに変化球だと見切れてしまうんです。また、感情の起伏が激しく、態度や顔に気持ちがすぐ出てしまうのも弱点。プロの実戦で投げるより、まずは、大学でもっと追い込む練習を積んだ方が将来は伸びると思います」

 しかし、吉田はプロを選んだ。「巨人に行きたい」とも公言して物議を醸したが、

「その巨人も吉田には冷たかった」

 と、安倍氏が続ける。

「彼がプロ志望届を出して記者会見をした日、巨人は原辰徳さんに来季の監督要請をしました。翌日のスポーツ紙の1面は、ほとんど『原監督』で、吉田の記事は3面や裏面に追いやられた。吉田にはまったく気を使っていませんでしたね」

 初恋は片思いに終わりそうだ。

医師の父は内心複雑? 根尾の6球団競合

 その吉田とは逆に、より評価を高めたのが、大阪桐蔭、根尾昂(あきら)。ショートでクリーンナップを務めるなど攻守の要ながら、投手としても150キロを投げる驚異の「二刀流」である。

「しかも、マジメで頭も良いという、“非の打ちどころがない”選手です」

 とは、ノンフィクションライターの柳川悠二氏。

「彼は岐阜の出身ですが、両親は医者。それも『Dr.コトー』のような僻地診療所の医師です。中学時代、オール5だったというのは有名な話ですが、ピッチング練習の時も何事か呟きながら投げる『理論派』です。遅くまで室内練習場に残り、部屋に帰ってもストレッチに励む、練習の虫でもある」

 もともと高校No.1選手と言われていたが、評価はうなぎ上りで既に「1位指名に6球団競合」と書くスポーツ紙も出たほどだ。

 安倍氏も言う。

「春頃、根尾くんにバッティングについて、アドバイスをしたことがありました。そしたら、“ビビッと来ました”“すごく打ちたくなってきたんで、15分だけ時間をいただけますか”と言って、練習に行ってしまったんです。“明日からやってみます”というのは普通ですが、今ここで、というのが根尾。狂気を感じました」

 兄も医学部生、姉も看護師という、まさに「医者一家」の根尾家だけに、父も彼に同じ道を望んでいたというが、ここまで野球に秀でてしまえば、それも詮方無いことか。内心複雑な思いであるかもしれないが……。

引きずる“虎ウマ”

 この吉田、根尾と並んで「高校BIG4」と評されたのが、大阪桐蔭の藤原恭大(きょうた)と、報徳学園の小園海斗(こぞのかいと)。いずれも1位指名が予想されている。

「藤原は甲子園通算5本塁打の強打者で足も速い。根尾と反対に、押しが強く、目標を公言するタイプで、早くから“ドラフト1位でプロに行きたい”と言っていました」(柳川氏)

 家庭環境もこれまた対照的で、藤原の父は、機械プラントの会社を経営する傍ら、焼き鳥屋も営む。母も元モデルの華やかな人だとか。

 他方の小園は、

「俊足巧打で、プロでも打率3割、30本塁打、30盗塁の『トリプルスリー』が狙える存在」(安倍氏)

 父は整体院を営み、母は元女子サッカーリーグの選手だったという。

 実は、この2人、中学時代、同じチームに属し、家族ぐるみの付き合いだとか。

 藤原の父に、ドラフト直前の心境を尋ねると、

「僕は緊張していますが、息子は“やることはやったんで”と落ち着いています。昔からソフトバンクの柳田選手に憧れていましたが、息子も誰かの憧れとなる選手に育ってほしいですね」

 どの球団が指名するのか注目だが、

「実はエリート高校生に敬遠されているのが、阪神に指名されることなんです」

 とは、先のデスクである。

「阪神はここ数年、若手がほとんど育たず、“育成できない球団”との評価が定着しています。とりわけ大阪桐蔭の関係者は“あそこには絶対に行かせたくない”と漏らしている。かつて4番だった萩原誠は鳴かず飛ばずで終わり、エースだった藤浪晋太郎もここ数年、成績が振るわず……」

 阪神に潰された。関係者はそんな“虎ウマ”を引きずっているそうだ。

「週刊新潮」2018年10月25日号 掲載