公式ブログより

 森口博子が、10月16日のブログで25年前のコスプレ写真を公開した。

 自身がMCを担当する15日放送のアニソン番組『Anison days』(BS11)で、『美少女戦士セーラームーン』シリーズの楽曲が特集された。

 森口は、1993年放送の『NHK紅白歌合戦』で、『ムーンライト伝説』を主人公・月野うさぎのコスプレをして歌ったという。

「太ももの張りに若さを感じます。重力に逆らっていて瑞々しい(笑)」

 自身の姿を回顧しつつ、当時を振り返り、「色々ドキドキしてたけど…いざ、着てみると! 恥ずかしさも吹き飛ぶくらい 楽しくて、ハマりました(笑)」と報告。

 決め台詞の「月に代わってお仕置きよ!」を「会う人会う人にモノマネしながら必要以上に言ってました爆笑」と秘話を明かした。

『Anison days』は昨年からスタート。毎日新聞(2017年9月14日)によると、森口はゲストの人選にも関わり、木根尚登や岸谷香、荻野目洋子らに自ら出演をオファー。気に入った曲は作詞・作曲家の情報も調べ上げてトークを盛り上げているという。

 アニメ『機動戦士Ζガンダム』のオープニングテーマ曲『水の星へ愛をこめて』でデビューした森口。同曲は『発表!全ガンダム大投票』(BSプレミアム)でファン投票から「あなたの好きなガンダムソングス」で1位に選ばれた。

 さらに今年は『CRフィーバー機動戦士Zガンダム』に起用されたシングル『鳥籠の少年』をリリース。歌とトークの両輪で番組を盛り上げているようだ。