激闘から一夜明け、報道陣に対応した村田【写真:編集部】

写真拡大

村田は去就の決断を急がない方針明かす

 ボクシングの前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が21日(日本時間22日)、王座陥落から一夜明けて、試合会場だった米ラスベガスのパークシアターで報道陣に対応した。2度目の防衛戦では、同級3位ロブ・ブラント(米国)に0-3の判定負け。ジャッジ2人が10ポイント差をつける完敗。勝てば元3団体王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とのビッグマッチへと動き出すはずが、まさかの敗戦で逆にボクサー人生の岐路に立たされた五輪金メダリスト。もう一度這い上がるのか、それとも――。今後のプランは白紙のままだ。

 激闘から一夜。痛々しくはれ上がった両まぶたを隠すように、村田はサングラス姿で報道陣の前に姿を現した。プロキャリアで2度目の敗戦。だがここまで打たれたのは初めての経験だった。「ダメージはあります。試合が終わったらしっかり休憩しなさいと言われる理由がわかる。今までここまでタフな試合はなかった」。さらには「こういう試合を続けたら壊れるなと……」とも言った。ボクサーにとってダメージの蓄積はつきもの。32歳にして初めて痛感させられた。

 前夜はほとんど眠れなかったという。「自分の未熟さだったり、やっぱり昨日は負けたな、という気持ちが大きくなりました」とベルトを失った実感がこみ上げてきた。また期待が高まっていたゴロフキンとのビッグマッチが遠のいたことには、「負ければなくなると思っていた。そういう運命になかった。実力が達していないんだなと」と悔しさを押し隠すように話した。

 前評判では圧倒的有利だったが、蓋を開けてみればブラントの手数とスピードに屈した。帝拳の本田明彦会長も「陣営全体の負け。相手に比べたら。相手が仕上げてきていた。よく研究していた」とブラント陣営をたたえ、村田については「気持ちが入っていたからあそこまでやったけど。気持ちだけで頑張った。よく立っていた。あれは意地で立っていたんだろうね」と労った。

本田会長「日本のボクサーで一番稼いだ選手にもなった」

 日本人で史上2人目のミドル級の世界のベルトを巻き、ラスベガスで防衛戦を行った。日本人としては過去に例のない足跡が色あせることはない。今後について、村田は「納得いく形で回りの方々と話をして決めていきたい」と話すにとどめ、本田会長も「日本のボクサーで一番稼いだ選手にもなった。ある意味やり遂げたんじゃないか」と偉業をたたえつつ、「ここまで成し遂げた選手だから、ただやればいいというわけじゃない。ゆっくり考えて結論出すんじゃないですか。本人がやるといえば、ダメとは言えないだろうし」と本人の決断に委ねる構えだ。

 前日の試合後には帝拳と共に、村田をプロモートするトップランク社のボブ・アラム氏は「来年の3月か4月にリマッチをやる」とブラントとの再戦プランを明かしていたが、本田会長は「それは難しい。米国ではあれでやめるということはないからね。村田の場合は背負うものが多すぎる。ただやればいいというものじゃない」と否定的だった。

 村田自身、再起するにしても相当なモチベーションが必要だろう。一方でこれまで支えてくれた周囲の期待に応えたい、もう一度日本のファンの前でやりたい――。そんな思いは芽生えてくるかもしれない。「あの出来事があったからこうなんだと、そういう日にできるように。これからの人生を歩んでいかないといけない」とも言った。すぐに決断を下す必要はない。まずは愛する家族のもとでじっくりと体を休める。(THE ANSWER編集部)