倉科カナとラーメン店を巡ったKinKiKids

写真拡大

10月20日放送の「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ) で、ゲストに倉科カナが登場し、都内のラーメン店を訪問。倉科の食レポに堂本光一・剛がダメだしする一幕があった。

【写真を見る】倉科カナは、午前3時に出発して湯河原の店舗に並ぶほどラーメン好き

一人でもラーメンを食べに行くほどのラーメンが好きの倉科。「美味しいラーメン店を知りたい」というリクエストに、堂本光一が「そしたらねフジテレビNEXTでやってるラーメンWalkerっていう番組を観るのが一番いいよ」と塩対応。倉科から「一緒にこの番組で知りたい!」とツッコまれていた。

一軒目は、地上波テレビ初登場の文京区・本郷にある中華蕎麦にし乃。看板メニューの中華そばを堪能した。スープには煮干しと鶏・豚のほか、もう一つ珍しい食材が入っているという。その素材は何かを当てるクイズが出題されると、剛が「わかった、夢!」、倉科は「当てにいっていいですか? 希望!」。最後に光一が「当てましょう、勇気」と三人ともボケてみせた。

3人がラーメンを楽しむ中、倉科の趣味である写経やパズルの話に。「手を動かして何かを埋めたい」という倉科に、光一も自身の学生時代のエピソードを。「ノートに鉛筆でさ、端っこからぐわーってちっちゃい丸を延々書いていってノートを埋めたくなったんだよね」と明かし、実際にスケッチブックに直径1ミリくらいの丸を書いていく光一。さらに「ボールペンやったら、丸と丸の間にまた丸を入れ込めたりするんだよ…」とどんどんディープになっていく光一に、口に手を当てて言葉を失った倉科。剛も「お前相当やぞ」とドン引きしていた。

そんな中、倉科が「食レポ」に挑戦することに。だが一口ラーメンをすすり「コレハ…煮干シノ…味ガ…トテモ…シッカリ…」とあまりのたどたどしさに、剛が「やめましょう」とすぐ制止した。

二軒目は創作フレンチ店が手がけるhide modeへ。クリームスープにバジルソースがかかったハイドラーメンを食した。スープを飲んだ光一は「すごいねこれは」と驚き、剛も「うまいやん」と絶賛。だが倉科が「ゴマノ香リガ…香ル…風味…」と食レポをはじめたところで光一が「やめといたほうがいいんちゃうかな」、剛も「危険を感じますね」とまたしても制止されていた。

Twitterでは「ラーメン食べたくなった」「倉科さん、ラーメン遠征するんだ」などの声が寄せられていた。

次回放送は10月27日、ゲストに高橋優が登場する。(ザテレビジョン)