汐留の日本テレビに激震が走っている。NHKを退職した有働由美子(49)をメインキャスターに迎え、10月1日にリニューアルした「news zero」が10月12日に視聴率4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したためだ。日テレではこの枠で視聴率5%台を割ると“危険水域”と見なされるらしい。

 この枠の改編にあたり、半年以上前から入念な準備が行われてきたという。最大の目玉は、ギャラが年間4億円ともいわれる有働アナのキャスティング。業界関係者たちは「“NHKの顔”が日テレでどれくらい数字を伸ばすか」に注目していたが、大方の予想に反して視聴率は2週間で半分にまで落ち込んでしまった。

 ある放送関係者は「予算をかけた割に番組の質が前よりも落ちたんじゃない?」と声を潜める。日テレが有働に期待した能力のひとつに“トーク力”があったが、これが全くのアテ外れだったというのだ。

「zero」は有働のためにフリートークの時間を設けた。ところが有働はシドロモドロになることが多く、「あさイチ」で見せた主婦の心をガッチリつかむような神業トークがどこかに消えてしまったのである。こうなったワケを別の業界関係者が明かす。

「『あさイチ』の有働は“虚像”だったのです。NHKはもともとフリートークが得意ではない彼女のために専門のスピーチライターを付けていました。有働はそれを忠実に再演していたにすぎません」

 さすがの有働も思うように視聴率が伸びないことに焦っているのか、10月6日夜には、親しい友人を集めて明け方まで酒を飲んだという。

■徳永有美は家族で祝杯を

 この思わぬ有働の苦戦に胸をなで下ろしているのが、テレビ朝日の看板番組「報道ステーション」の新MCに就任した徳永有美(43)だという。13年ぶりに地上波に復帰したが、番組改編の話題は有働が独り占めしてきた。取材でライバル有働の動向を聞かれた徳永は「自分のことで精いっぱいで他局の番組のことまでは……」と言って平静を装ってきた。しかし、内心は穏やかではなかったらしく、思わぬ“敵失”にようやく緊張が解けたようだ。有働がアルコールを楽しんでいた頃、徳永は夫の内村光良(54)と9歳の長女、5歳の長男の家族4人で手作りの料理に舌鼓を打ちながら祝杯を挙げたという。徳永が無事に地上波に復帰できた喜びを家族で分かちあったのだろう。

「内村は口には出しませんが、妻の徳永に対して深い負い目があるようです。アナウンサーとして類いまれな才能がありながら、自分との不倫が原因で、いったんはキャリアを捨てざるを得なくなったわけですからね。何とかして愛する妻を窮地から救い出したいという思いがずっとあったそうです」(前出の業界関係者)

 それにしても気になるのが有働の今後だ。日テレ関係者は「5%を割ったままの状態が続けば、早期降板も考えられるでしょうね」と私に漏らしている。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)