白石が「唯一、後悔すること」

写真拡大

「今日はすべて話します。何でも聞いてください」──2017年10月下旬、神奈川県座間市のアパートの一室から男女9人の遺体が発見され、日本中が恐怖のどん底に陥った。誰にも知られることなく、2か月で9人もの殺害に手を染めた男は、一体何を考えていたのか。

 神奈川県座間市のアパートの一室で9人を次々と殺害した容疑で、白石隆浩被告(28才)が逮捕されてから10月31日でちょうど1年が経つ。東京・立川拘置所の面会室、アクリル板越しに座る小柄で華奢な男が白石だ。髪は耳下まで伸び、口ひげ、顎ひげは生やしたまま。顔色は妙に白い。上下黒の服装で、にじり寄るように前のめりに話す。

 白石が被害者たちと知り合ったのはSNSサイト。「死にたい」と投稿していた若い女性たちに「一緒に死ぬ」などと書き込み、自室へ誘い込んだ。睡眠薬や酒を飲ませた後、首を絞めて気絶させて強姦し、ワンルームのロフトから下げたロープで首を吊って殺害。その後、遺体をバラバラに切断し、遺棄した。

 白石は昨年8月下旬〜10月下旬のたった2か月の間に9人を殺害したうえ、解体したとされる。今年9月10日、東京地検立川支部は、白石を殺人よりも重い、女性8人への強盗・強制性交殺人罪に罪名を切り替えて起訴(男性1人については強盗殺人で起訴)した。

 犯行の理由について、「ただただ『欲』に突き動かされて、です。具体的には、金銭欲と性欲を満たすため。殺したのは、殺人や死体損壊の願望があったわけではないです」と語った白石。「強引な性交をしてから女性を生きたまま帰すと、一度逮捕された身だからすぐにしょっぴかれる。証拠隠滅のために殺しました」と、あまりにも身勝手な動機だ。

◆うまいものを食って、欲を満たして、極刑になってやろう!

 白石が最も興奮した様子を見せたのは、話が殺害後の「解体」に及んだときだった。

「逮捕された後、取り調べで犯行の再現をしたのですが、あまりの手際のよさに、刑事さんから『協力者がいるのではないか』とか『過去にもやったことがあるのではないか』とか、何度も聞かれましたが、全部1人ですし、過去に人を殺したことはありません。1人目の被害者のかたを解体するときにYouTubeやインターネットで検索して勉強したんです。

 最初は丸2日かかって、正直、においや“映像”がきつかったですが、その経験のおかげで、最後の方は、2〜3時間ですべてが処理できるまでに磨かれました。

 遺体と暮らすことにも不思議と抵抗はありませんでした。持ち出したときに誰かに見られたり、職務質問を受けたりして犯行が発覚するのが怖くて、そのままにしていたんです。そのうち捨てにいこうと思っていたのですが…。

 6畳のワンルームに大量のクーラーボックスがあるので、当然、被害者のかたたちは疑問を口にしていました。でも、引っ越してきたばかりだから収納スペースがなくて、釣り好きの友達から借りて、洋服やアクセサリーを入れていると言ったら、みんな納得してくれました。

 ただ、においには気を使いました。消臭するために、香水や芳香剤、消臭剤を振りまいて…。だから、部屋に来た女の子たちには一度も『臭い』と言われたことはありませんでした」

 時に丁寧な言葉を使いながら、大声で笑いながら、身振り手振りを交えて、饒舌に語る。犯行に対して後悔することはないかと問うと、

「唯一、後悔することがあるとしたら最後の被害者の携帯の電源を切り忘れたこと。これは完全に、私の油断。最初の方は証拠隠滅にすごく気を使っていましたが、人間とは不思議なもので、徐々に慣れてしまうんです」

 と言う。9人目の被害者の携帯電話が発した電波によって、犯行現場となったアパートの位置が特定され、逮捕につながったからだ。なぜここまで赤裸々に語るのか。

「それは検察、警察、そして私の味方であるはずの弁護士にも『申し訳ないけれど、諦めてほしい』と言われました。それを聞いて、『だったら最後にうまいものを食って、欲を満たして、極刑になってやろう!』って!」

 面会中、白石は「お金」に対する執着をたびたび見せた。面会に来た記者に、「お金をくれたら事件のことを全部話す、お金があればチョコレートやカレーなどが買えるから」 と発言したと報じられたが、本誌記者にも、指でお金のマークを作ってニヤリと笑って見せた。

 また、送検時はマスコミは顔を手で覆っていたが、「このときに顔を隠したのは『何で勝手に写真撮っているんだ、撮るならカネ払え!』と腹が立ったから」と語った。

 しかし、「何でも聞いてください」「私のことをどれだけ叩いてくださってもかまいませんし、何だったら他社に売ってくださってもかまいませんから」と豪語していた白石が頑なに口を閉ざした話題がある。1人の女性についてだ。

 白石の誕生日である10月9日、20代前半とみられる女性が泣きながら接見に訪れていた。列をなして接見を求める報道陣を続々と断り、白石がこの日面会したのは、彼女だった。長い黒髪の小柄な女性で、黒いキャップをかぶり、白いフード付きのパーカに、白いミニスカート、白いソックスという全身白ずくめは面会室の中でも一際目を引いた。

 白石の誕生日祝いなのか、手にケーキの箱を持っていたが、職員に「それ、持って面会室には入れないよ」と注意を受けていた。鏡を見て、念入りにグロスを塗り直し、彼女は面会室へと入っていった。

 後日、彼女について白石に聞くと、これまでの饒舌が一転、黙り込み「それは答えられません」とうつむいた。

「何を言うか…と思うでしょうが、たとえどんなにカネを積まれても、あの子のことだけは話せません。こんな凶悪犯の私にも、やっぱり、大切な存在っている。そんなことです…」

 その言葉を受け、最後にもう一度聞いた。あなたが手をかけた9人にも、あなたが「彼女」を思うように大切に思っている人がいたということに、なぜ今もなお思い至らないのか。

「それは欲の対象と、大切にしたい人ははっきり線引きされているので、正直、謝罪の気持ちもないし、本当になんにも思いません」

 また同じ話か、とうんざりした口調だった。

※女性セブン2018年11月1日号