水谷豊と反町隆史

写真拡大

俳優の水谷豊反町隆史が20日、東京・千代田区のアーツ千代田3331で開催された「『相棒season17』特別PRイベントinKitaQフェス」に出席した。『相棒season17』(テレビ朝日系、毎週水曜21:00〜)の見どころや第1話、第2話でロケ地となった北九州市の魅力などを語った。

同市の魅力満載な自然や文化、美味しい食べ物、住みやすい環境などを体験できる「KitaQフェス in TOKYO 2018」(2018年10月20日〜21日)の一環としてイベントは行われ、北九州市長の北橋健治氏も登壇した。

“異例の4年目”を迎えた杉下右京(水谷)と冠城亘(反町)のコンビに3人目の男・青木年男(浅利陽介)が加わった『相棒season17』。水谷は冒頭、『相棒』と北九州市の関係に触れ、「相棒の劇場版4作目を北九州市で撮影させてもらったんですけど、メインストリートを一日貸してもらったんです。メインストリートを貸し切るということは商店もバスもみんなその日は使えなくなるわけなので、誰か一人反対するとうまくいかないんですけど、地元の皆さんが賛成してくれたおかげで無事撮影することができました。映画を理解してくれる街があることは大変うれしい」とコメント。

現地では「お寿司がおいしかったです。反町君と2人で食べに行ったんです」とにっこり。「お客さんは僕たちだけでしたが、魚たちが喜んでいました」と続けると、反町も「地方に行くと御飯を一緒に行ったりして距離が縮まるんです」と嬉しそうに語っていた。

反町も九州での撮影について「海があって山があって、すごくさわやかな日差しで、撮影に行く時に車から海が見えて空気もよかった」と振り返り、「撮影するまでの間にモチベーションが上がります。すごく優しい気持ちになれたのが印象的でした」と述べた。また、寿司の他にも、北九州市の食も楽しんだといい、「ラーメンとか好きでよく食べに行かせてもらいました。東京で食べるのと北九州で食べるのとではまた雰囲気も違って、風情があっていいなって思いました」と話すと、水谷は「(僕が行っていないのに)1人で行って、写真だけ送ってくるんです」とポツリ。現場での仲良しエピソードを明かして会場を沸かせていた。