お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(38)が10月1日から、「カジサック」としてユーチューバーデビューした。2019年末までにチャンネル登録者数が100万人に満たなかった場合、「芸人を引退する」とまで宣言した。

 そもそも梶原がユーチューバーになった理由は、新しいことにチャレンジしたいと思っていた時に、イベントで人気ユーチューバーの「水溜りボンド」と「Fischers―フィッシャーズ―」の人気を目の当たりにしたからだという。

 果たして梶原は人気ユーチューバーになれるのか。3週間近く経った現在、梶原のチャンネル登録者数は約17・7万人で、視聴回数は690万回程度。開設から1カ月未満で登録者数100万人を突破した女優の本田翼の例もあるが、1年間投稿を続けている「元SMAP」草磲剛の登録者数は83万人、「クリエイターズ・ファイル」が好評のお笑い芸人「ロバート」の秋山竜次ですら40万人だ。果たして“ノルマ達成”は可能なのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「現在の登録者数では厳しいでしょう。一般的に、10万人を超えるとメジャーレベル、30万〜50万人で有名レベル、100万人でトップレベルといわれています。梶原氏は開始から3日間が勝負でした。大量に投稿してインパクトを残さないといけなかった。ユーチューブは企画がやり尽くされた感があるので、新しい切り口、編集でオリジナル感を出さないと視聴者に飽きられます」

 梶原はかつて「M―1グランプリ2001」で決勝進出。人気バラエティー番組「はねるのトびら」(フジテレビ系)のレギュラーを務めるなど、お茶の間の人気者だった。相方の西野亮廣は16年に芸人引退を宣言し、絵本作家として順調に活動。対照的に梶原の仕事は関西ローカルのレギュラーのみで、芸人としては下火になりつつある。

 しかし、人気ユーチューバーともなれば年収1億円以上ともいわれている。梶原が一獲千金、一発逆転を狙ったとしても不思議ではない。ただ、それが実現できるのか。

「ギャラについては、一般人と、スポンサーが付いている有名人とは違うので一概には言えません。10万回の再生で数千円だったケースがあると聞いたことはあります。編集機材などでコストも掛かり、今ではあまり儲からない商売といわれている。有名人の梶原氏には、もしかしたらスポンサーが付いているかもしれませんが、再生回数の減り方を見ると、この先はジリ貧かもしれません」(井上トシユキ氏)

 初公開した動画の視聴回数は100万回を超えたが、最新の動画は13万回。どこまで先細りするのか。

(登録者数、視聴回数はすべて18日17時現在)。