裁判を引き延ばしできるだけ稼ぎたい?営業続ける「マリカー」

ざっくり言うと

  • 標章などをめぐって任天堂に敗訴した「マリカー」は、今も営業を続けている
  • 裁判を引き延ばし、できるだけ稼ぎたいと考えているのかもと司法担当記者
  • 訴訟を知らない外国人観光客から、今もひっきりなしに予約があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング