by Heisenberg Media

テスラやスペースXのCEOを努める実業家のイーロン・マスク氏が、Twitterで新海誠監督の「君の名は。」が好きとツイートし、世界中のアニメファンが驚きました。そんなマスク氏のツイートに対抗する形で、アメリカ国家安全保障局(NSA)の元局員で逃亡中のエドワード・スノーデン氏が、自身もアニメファンであることを明らかにし、さらに世界中のアニメファンを騒がせています。

2018年10月14日、イーロン・マスク氏が唐突に「『君の名は。』が好き」と宣言。このツイートは1万9000以上のリツイートと8万4000以上のいいねを獲得するほど話題となりました。



ネット上のアニメファンから飛んできた「『新世紀エヴァンゲリオン』を視聴してるのか教えてください」という質問には「NERV」と、劇中に出てくる特務組織の名前を挙げて答えています。



「『千と千尋の神隠し』は?」というツイートには「大好き。『もののけ姫』も同じくらい好き」とのこと。



「イーロン・マスクというよりウィーブロン(ウィーブ=アニメオタク)・マスクだ」というツイートに対しては「(咳払いの音) イーロンちゃんです」とお茶目に回答。



さらにマスク氏は「メカを作る時が来た」とツイート。マスク氏はこれまでも思いつきで火炎放射器やキャンディを作ってきた実績があるため、たくさんの応援ツイートが集まる一方で「イーロン、やめろ」「まずはテスラを完全成功させることに集中してくれ」というツイートも寄せられています。



こうした一連の流れに乗っかってきたのが、元NSA職員で「PRISM」問題を暴露したエドワード・スノーデン氏です。スノーデン氏は、マスク氏のツイートをリツイートした上で、「『君の名は。』がメジャーに進出してしまった。エリートに好き勝手されてしまう」とコメント。



このスノーデン氏のツイートを受けて、政治アナリストのウィルソン・ディザード氏が「チャリティーでスノーデンとマスクの殴り合い対決を」とジョークを返すと……



スノーデン氏は「それでも私はチャリティーと俺の嫁のためにイーロン・マスクと戦い続ける」と宣言。



また、「新海誠好きなの?それとも『君の名は。』だけなの?『言の葉の庭』と『秒速5センチメートル』のランク付けはどんな感じなの?」という質問に対するスノーデン氏の回答は「『言の葉の庭』>『秒速5センチメートル』>『君の名は。』」というもので、新海誠監督の作品も一通りチェックしている様子。



なお、このマスク氏とスノーデン氏のコメントは新海誠氏本人にも届いていました。